« 「ずんだもち」にチャレンジ! | トップページ | 夏の最後の快晴に、鉄と稲穂 »

2008年8月28日 (木)

Canon EOS50D 発表!

50d キヤノンがいよいよ、ミドルクラスデジタル一眼レフの新機種として、EOS 50Dの発売を発表した。
40Dがもはやあからさまなディスカウントに入ってたので、よもやと思ったけど、とうとう待望のニューマシンの登場だ。
40Dと外見はさほど変わらないが、いくつか最新の高性能な機能が内包されている。
APS-Cサイズの1510万画素CMOSセンサーとDIGIC4の組み合わせで、高い解像度と豊かな階調性を進化させ、低ノイズ化もはかった。ISOは常用で100~3200で、拡張で12800もの高感度を実現。UDMA対応のCFカードで6.3コマ/秒の連写、視野角160度の3.0型92万ドット高精彩液晶でのライブビューなど。
同時発売の高倍率ズームレンズ「EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS」とともに、9月下旬にお目見えする。
愛機の20Dは、耐用シャッター数10万ショット目前で、決して壊れたわけではないが、センサーのゴミは常に清掃が必要で、液晶モニターの確認も小さく暗くおぼつかない。清掃のしすぎか、露出アンダーで飛んでるドットも見つけられる。もはや買い替え時なのだが、費用と機能を検討する中でいまいち踏ん切りがつかなかった。ホントは5Dの後継を期待するところだが、多分価格はやさしくない。50Dは本体実売15万が予想され、買うならここまでが限界だろう。年内もう1機種の発表が、おそらく5Dの後継だろうが、もうそれは待てないと思う。この後より情報を集めながら、購入を真剣に検討したいと思ってます。

|

« 「ずんだもち」にチャレンジ! | トップページ | 夏の最後の快晴に、鉄と稲穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ずんだもち」にチャレンジ! | トップページ | 夏の最後の快晴に、鉄と稲穂 »