« 「金沢市歴史のまちしるべ」21 | トップページ | ひまわり村。オープン! »

2008年7月23日 (水)

「金沢市歴史のまちしるべ」22

Img_89822z 鳴和の先、大樋町まで来て、159号線の大樋口交差点です。旧北国街道はここから旧道になり歴史街道として整備されています。
[旧北国街道(ほっこくかいどう)]No601 古代には北陸道(ほくろくどう)と呼ばれ、日本海側の主要道路であった。加賀藩主の参勤・交代では、ほとんどこの道を通行した。
参勤交代は加賀からは北周りで13~15日かかりました。
Img_89829z 北国街道を市内に戻りながら、[大樋町(おおひまち)]No165 昔大きな樋(とい)で水を引いていたことから大樋の名がついたという。この地はもと大樋村の村地であったが、藩政後期に町奉行支配地となり町地となった。明治の初め、この名が町名になった。

Img_89832z 旧北国街道の石碑は、この通りに3箇所、袋町に一箇所あります。春日町にあるこの石碑には、教育委員会の解説板があります。アスファルトも石畳に換えられ、歴史を偲ぶ通りになっているんですが、この暑い日に、近所の人以外そりゃ見かけませんよね。

Img_89836z [春日町(かすがまち)]No164 古くからあった山上春日社(小坂神社)の付近にできたまちなので、春日社門前、六町春日町とも呼ばれていたが、藩政後期この名に改められた。
石碑の「春」の字がまるで「寿」にも見えるようです。わざとでしょうか。
北国街道はまだまだ続きます。
Img_89841z_2  この北部の北国街道の出口(159号線との合流地点)は山の上町です。いまだ現役の火の見櫓には半鐘が乗ってますね。うちの近所の菊川消防団にも、数年前の建替え前までは、ここよりは高くないですが火の見櫓と半鐘がありました。最近はかなり減ってしまいましたね。







Img_89845z さて、車を元町まで飛ばして、親水公園となっている脇に石碑があります。
[小橋用水(こばしようすい)]No416 元禄年間、城下町の防衛などの目的で築造された用水で、旧水車町では、精米、製油などの水車をまわしていた。かつては、小橋上流付近に、竹製の蛇籠に石を詰めて造られた瀬木が設けられていた。
先日、浅野川の小橋で見た取水口からこの用水が引かれています。浅野川の用水のわりには、かなり水量が豊富で流れが速いですね。流域も広く、JRの金沢総合車両所の下も通っています。
Img_89851z さらに昌永橋の脇まで来て、[中島用水(なかじまようすい)]No415 元禄11年、藩命により完成されたといわれる用水で、かつては旧中島町の浅野川岸から取水していたのでこの名がついた。
この用水も北部の農地を潤しますが、浅野本町の城北水質管理センターの脇を通るのに、浅野川に面しているそこには用はないのでしょうか?
これで用水の石碑はコンプリートですw。
Img_89855z その昌永橋です。浅野川七つ橋めぐりのひとつです。なんだかずっと黙って巡らなければならないらしいですが、浅野川のことはよくわかりませんw。
昭和28年に木造橋が流出してから、鉄道でよく使われるワーレントラス鉄橋が翌29年に架けられました。しかし当時の交通事情にあわせたので、かなり幅は狭いです。
Img_89857z 浅野川ではじめて見たアオサギです。梅雨も明けてしまって、金沢は空梅雨でしたね。犀川もそうですが、流量はかなり少ないです。犀川などは、あまりに少ないので、犀川ダムの貯水湖のドロ水を流して、何週間も濁った流れとなり、鮎釣りがストップしてしまいました。

Img_89858z さて気を取り直して、袋町の[北国街道]です。去年建てられたので、解説書や金沢市のHPにも記載されてませんでした。それで、先月S氏と2人でこの前を通ったのに、全く気づかなかったという曰く付きのものです。こうやって商店がしっかり懸垂幕でアピールしてるのにw。
これで現在の[北国街道]4箇所制覇しましたが、まだ南部にも旧道があるので、そこにもいずれ石碑が建てられるでしょう。
また、この付近にさらに二ヶ所、旧町名復活の動きがあります。[下新町(しもしんちょう)][上堤町(かみつつみちょう)]ですが、[新町]は石碑があるので、[上堤町]はいずれ新たに石碑が建てられるだろうということです。まだまだ旧町名や坂があるので、これからも増えるでしょうね。
Img_89863z さて本日のラストなのですが、S氏からもらった地図によると最初の旭用水の位置から登る人道の坂にも石碑があるようで、郊外の石碑を逃したままだと気分が悪いので、また車で最初の場所まで戻ってきました。これが迂闊だった見落とし、のことです。
[鶴間坂(つるまざか)]No312 坂の上からの眺望がよく、加賀藩時代から詩歌を好む人が訪れ、ここを鶴舞谷と称していたのでこの名がついた。
ところが、かなり長い坂でこの暑さからヒーヒー言って登ったのに、現在では森に挟まれ全く眺望がありませんw。下にエンジンかけたまま残した車も気になりますし、やっと見つけた石碑をさっと撮って、駆け足で降りました。
短時間でしたが10箇所(北国街道加えると13箇所)。これで計182箇所となり、あと36箇所です。中心部も残しているので、また近いうちに暑くてもゆっくりと廻りましょうか。

|

« 「金沢市歴史のまちしるべ」21 | トップページ | ひまわり村。オープン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金沢市歴史のまちしるべ」21 | トップページ | ひまわり村。オープン! »