« 「東京みなと館」 | トップページ | 江戸の鉄道は常に進化 1 »

2008年5月31日 (土)

「消防博物館」

Dvc00006 先日のタモリ倶楽部で、玉川上水をやってましたが、上流から行き着いた先は四谷大木戸のこのあたり。今でも水道局があるこの四谷三丁目に、東京消防庁の「消防博物館」がありました。
さっそくこの穴場に潜入。僕らもタモリ倶楽部みたいになってきたぞw。
火事とけんかは江戸の華。破壊消防から明治の放水消防、そして現代と、幅広く消防や災害救助の歴史が展示。写真は江戸町火消しの纏。
Dvc00008 郵便バイクじゃなくて、消防バイクってのがあったようですね。ホンダ製です。
3階は子供向け(実際、親子連ればかりだったw)なのでパスしてて、4階以上を受付で薦められました。5階屋外では消防ヘリに座るための子供の行列を尻目に、歩き疲れたおじさんたちは、ベンチに座り込んで休憩。合間の時間にあちこち動き回る元気や根気がなくなってきましたねw。

Dvc00010 んでもN氏は地下のミュージアムショップに並ぶ消防車の列に興奮?消防服を着てカメラに収まってご満悦。当ブログ初登場ですね。
こういう地味な博物館が、都内に星の数ほどあります。昔は専売公社のやってた「塩とたばこの博物館」とかも観にいきましたね。そういうとこは、えてして交通の便も悪かったりしますが、ここは地下に丸の内線四谷三丁目の駅が併設。ぜひ関東の方々にオススメですね。
またいろいろ巡ってみたいと思います。









|

« 「東京みなと館」 | トップページ | 江戸の鉄道は常に進化 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「東京みなと館」 | トップページ | 江戸の鉄道は常に進化 1 »