« 「金沢市歴史のまちしるべ」9 | トップページ | 積読コミック解禁! 1 »

2008年5月20日 (火)

「金沢市歴史のまちしるべ」10

Img_85575z GWレポートもいよいよ最後です。この日も結局3時間、歩き回ってくたくたになりました。
橋場町緑地の前は浅野川大橋。金沢市都市美文化賞のレンガのプレートがあります。川沿いの道は[泉鏡花のみち]と称されています。この写真の左側の道をこれから辿ります。
Img_85579z 金沢三茶屋街、主計町(かずえまち)の入口です。大きな石碑は「乃木将軍と孝子辻占売少年、今越清三朗翁出生の地」とあります。雪の広坂通り、乃木将軍来訪の折、健気に辻占を売っていた少年が励まされ、後に立身したという金沢では有名な逸話です。東京の乃木旧宅の庭にも銅像がありました。
Img_85582z [主計町(かずえまち)]No109 大阪夏冬の陣に功をたてた富田主計の邸地があった。
平成11年10月、復活町名第一号として、その名は燦然と輝いています。



Img_85587z 川沿いのこの趣が、京都を題材にした映画のロケで、京都のつもりで撮影されたという曰くつきです。京都より京都らしい一角。あまりうれしくありませんがw。




Img_85600z なかなか次が見つからないので、先に普通の路地に入ります。[旧母衣町(ほろまち)]No115 利家も若い頃信長に仕えていた「母衣衆」の金沢版の武士たちが住んでいたから。
また主計町に下りなおします。
風情のある園地や、木橋があり、写真もたくさん撮りましたが、時間がないのですっ飛ばしますw。
Img_85601z ホントに狭い路地に入って、暗がり坂の下にきました。お茶屋街に来たのって先日と今回が初めてのようなものですが、こういう情緒が観光客の心をくすぐるのでしょうね。住んでてなかなか入ろうとまでは思いません。


Img_85603z [暗がり坂(くらがりざか)]No322 日中も陽があたらない暗い坂だから。
正面の坂を登ると、久保市乙剣宮があります。泉鏡花の小説に出てきそうなロケーションです。



Img_85609z 久保市乙剣宮です。泉鏡花の生家が近く、子供のころ境内で遊んでいたそうです。昔は金沢の中心だったようですね。





Img_85610z ほど近く[彦三町(ひこそまち)]No118 加賀藩の重臣、不破彦三の屋敷地があったから。
ここ彦三町は昔大火があり、その近辺は早くから大きな通りが作られ、彦三大通りと言われていました。今は先に続く道が作られ、ただの通りですが、ずっとその太い道が数百mだけあって不思議でした。
Img_85614z [旧桶町(おけちょう)]No117 藩御用の桶職人たちが住んでいたから。
このあたりはずっと、尾張町と彦三町の内側の狭い路地をうろついています。




Img_85617z 彦三大通りに出ました。[袋町(ふくろまち)]No114 去年復活したばかりの、新しい旧町名です。
道の両端がまがって袋のようだったから。藩政期はこの町筋が北国街道で、主要な町[本町]のひとつでした。
正面の柵で囲われてるのは、旧ダイエーで取り壊され更地になっています。
Img_85620z 袋町を走る「ふらっとバス」材木町ルートです。菊川ルート・此花町ルート、と3ルートあります。15分ごとに狭い路地とかも巡る100円の循環バスです。




Img_85622z [旧博労町(ばくろまち)]No112 馬を売買するかたわら、藩士の稽古用の賃馬を飼育する博労たちが住んでいたから。
うしろは老舗、精進料理の壽屋です。こんな建物が今でも当たり前にあって違和感ありません。


Img_85626z 尾張町通りを渡って近江町市場の裏に来ました。[十間町(じゅっけんまち)]No103 今でも現役の町名です。寛永の時代からあり、当時の戸数が10軒だったから。
同業某社のあるところですw。



Img_85628z 道路の反対側は、高級料亭「浅田屋」です。しかしこういうところに、一度も入ったことありません。金沢人のほとんどはそうじゃないですかねw。




Img_85629z あと3つです。エムザの裏通りに来ました。[旧榮町(さかえまち)]No105 明治の初め、諸藩士の邸宅が商家となり、繁栄を願って栄町とした。
周りは商店だらけです。栄えてるでしょうか?今は通称「武蔵スタジオ通り」となってるみたいですね。

Img_85632z そのエムザの真裏ですが、[佐古市場跡地]の石碑があります。これは金沢市が建てたものでなく、近在の有志企業や商業組合が建てたようです。このような石碑もいつくかあるようで、公式な数にはくわえません。


Img_85634z その裏路地を入って[旧石屋小路(いしやしょうじ)]No113 もと安江町横丁といわれていた。藩御用の石工たちが住んでいたから。
やっと終わりました。この日は3時間で27基。ここまで4日間で91基巡りました。GWのレポートに長く費やしてしまったので、これからしばらくは別のテーマをお送りします。
しかし味をしめて、17日・18日も石碑めぐりしてしまいましたw。現在計123基制覇。なんとか次の金沢検定までに、全制覇したいものです。この分野はだいぶ身についてきましたよ。そのレポートはまた後日といたしましょう。。

|

« 「金沢市歴史のまちしるべ」9 | トップページ | 積読コミック解禁! 1 »

コメント

祖父はものすごい甘党だったのですが、浅田屋の飴を子供の頃、食べたと言っておりました。

投稿: Murasaki Shikibu | 2009年4月18日 (土) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金沢市歴史のまちしるべ」9 | トップページ | 積読コミック解禁! 1 »