« 金沢3大用水の旅 1辰巳用水 | トップページ | 金沢3大用水の旅 3大野庄用水 »

2008年3月18日 (火)

金沢3大用水の旅 2鞍月用水

Img_78316z

今日は「鞍月用水」を紹介する。
自宅から数百メートル上流の犀川に取水門がある。水門の管理は遠隔操作のようだ。いちいち操作盤に書いてあるw。この日もこの取水門を撮影に来たフィールドワーカーのおじさんが他にいた。全国的にも珍しいと書いてある操作盤のセリフどおりに注目の的の鞍月用水はここからスタート。

Img_78320z

その正面の犀川、油瀬木堰だ。用水は川の水から取られることが多いが、取水口から安定的に水を送り込むためには、そこに用水堰が必要となる。
子供のころは、単に段があるだけのものだったが、大規模に改造されて中央に魚道などもある複雑な構造物となった。犀川にはここより下流に、複数の用水堰があり、それぞれが街や農地を潤している。

Img_78321z

カメラを左に振ると鞍月用水の取水口だ。
意外に小さいが、ここから先、金沢の繁華街を長く流れる第一歩。
「鞍月」は金沢市内でも北西部の、街中より郊外に位置するかつての小集落の名。今では石川県庁も建てられた開かれた土地だが、そこ一帯の農地を潤すのを第一義に造られた。
約1200年前が起源とされ、藩政期には金沢城下の防備のための堀の一部として、高山右近に構築を任された。Img_78324z
その後1644年頃に油屋与助に改修させたという。
しかし取水口から間近いこの城南一帯も、犀川の流下能力から洪水の危険は去ったとは言えず、そのことが辰巳ダム建設反対の意見にも繋がっているという。
写真の白山藤棚神社も、洪水で元あった位置から移ってきた。前を鞍月用水が流れているが、子供のころには開いていたが今は暗渠化されていて、道路幅が確保されている。

Img_78325z しばらくは、この菊川地区の民家の間を縫うように、折れ曲がりながら市街に向かって流れる。
自宅の庭先を流れる、という家もあり、昔から身近な存在だったろう。金沢城の防火用水としてだけでなく、かつては菜種油を絞る水車の動力だった。「元車」「油車」という地名が今では交差点名として残っている。








Img_78336z

繁華街を縫うように流れる鞍月用水は、一時期道路確保や安全のため、暗渠化工事が続けられたが、景観保全や街づくりとの一体化などのため、現代のデザインにもあわせて安らぎの美観の対象になっている。
複数の目的と長い歴史、何本も流れる市内の用水として、金沢疏水群疏水百選に選ばれている。
Img_78339z しかし犀川増水時には、氾濫する箇所も多く、功罪あわせて考える必要もあろうかと思う。
写真は柿木畠の蛇の目寿司。有名なはずだが、なぜ全国でも蛇の目寿司という店名は多いのだろう?
Img_78340z 香林坊109の裏。ここは柳並木も美しいはずだが、冬枯れしているw。
このあたりはきらら通りと称して、店や民家の前を流れている部分に、私製の橋やコンクリの覆いをして不揃いに美観を損ねていたのを、統一整備して見た目綺麗にしたエリアである。そういう地元の方の苦労あっての景観保全だ。
Img_78364z さらに進むと、中央小学校の脇に出た。ここ一帯、玉川町は、加賀八家の家の屋敷地で、専売公社の工場が移転した後は、玉川公園と金沢市立図書館にもなっている。長町武家屋敷の「長町」家から採られている。このあたりまで来ると、辰巳用水と、明日レポートする大野庄用水と、数十メートルほどしか離れていない。
Img_78367z 鞍月用水の碑銘柱があった。旧町名と謂れなども書かれたこういった石柱が、市内のあちこちにある。
この背中には辰巳用水が来ている。道沿いに90度、それぞれが複雑に曲がりくねってここいらは用水の街ともなっている。
このまま北へ北陸本線の向こう側に出てから、大野庄用水と合流して、目的地?の鞍月で農業用水となる。今日は雲行きが怪しくなってきたので、下流や東側の旅は後の機会に譲る。明日は武家屋敷を流れる大野庄用水をレポートします。

|

« 金沢3大用水の旅 1辰巳用水 | トップページ | 金沢3大用水の旅 3大野庄用水 »

コメント

Tadashiさん、了解しました。しかし幅広くチェックされてますね。ネットでもわかるといいんですけどね。図書館って長いこと行ってませんもので・・。

投稿: joker | 2008年3月20日 (木) 21時24分

どこに石碑が立っているかは、「金沢市歴史のまちしるべ案内」という金沢市発行の小冊子で確認できます。すでに5版を数えるようで、最初は金沢市教育委員会が編集していましたが、現在は金沢市都市政策部文化財保護課が編集しているようです。以前初版のものを入手しました。県立図書館などに所蔵されていますので機会があればご覧下さい。

投稿: Tadashi | 2008年3月19日 (水) 12時53分

Tadashiさん、有る意味お久しぶりですww。
僕も最近、すごく目がかゆいです。年々ひどくなってくるので、花粉症に完全に罹ってしまったようです。お互いにw。
金沢市内の町名石碑は、200を下らないんじゃなかったかな?わが菊川にも下菊橋たもとにあります。全制覇は僕も思うところですが、どこにあるか事前にわからないと辛いですよ。
ところで市民公開講座は応募されたんですか?僕も申し込みたいと思いましたが、第一回の4月19日は仕事の日、早くも断念?かもです。

投稿: joker | 2008年3月18日 (火) 00時48分

コメントありがとうございました。最近は本当に精力的に活動していますね。私はここ数日、なんとなく目がかゆいと思っていましたが、もしかして花粉症が再発した!?のでしょうか。用水や旧町名の石碑は市内に何十本も立っているということなので、ぜひとも全制覇したいと思っています。横の説明文に意見をいうご老人もおられるとのこと、そこまでいけば金沢検定上級合格も夢ではなくなるでしょうね。

投稿: Tadashi | 2008年3月18日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢3大用水の旅 1辰巳用水 | トップページ | 金沢3大用水の旅 3大野庄用水 »