« 小松を楽しむ 4芦城公園 | トップページ | みなもと太郎大先生! »

2008年3月13日 (木)

小松を楽しむ 5小松駅

Img_78082z

最後は小松駅に入場しました。北陸の主要駅は将来の新幹線開通も見越して、次々と高架駅に生まれ変わっています。福井駅がホーム、駅舎の高架完成。あとは駅ビル整備。富山駅は在来線の移設もあり手順がたいへん、でも着々と高架化へ進んでいます。
小松駅は新幹線というより、線路で仕切られた市街の東西の流れを円滑にする目的が主要だったみたい。完成後の今は、近代化された駅前周辺も含め、新しい街の発展をも予感させるけど、逆に空洞化問題がある、と今日の新聞にちょうど載ってました。Img_78109z
ホームの端から列車を撮りまくる。丁度時間的に、上下の485系「雷鳥」を相次いで撮れるタイミングでした。北陸線周辺限定の、ポケット時刻表は必携ですよ。3月15日にダイヤ改正になるから、新しいのをまた手に入れなくちゃ。
上り大阪方先頭パノラマグリーンのクロ481です。Img_78132z
683系。これはしらさぎラインが入ってるしらさぎ専用車。
サンダーバードは基本6両に、増結3両を最大2ユニット。つまり9両編成か12両編成で運行します。増結ユニットは七尾線を和倉温泉へ向かう場合があります。しらさぎは基本5両に3両増結ユニットを1ないし2、つまり8両編成か11両編成で運行。ただし、旧加越の米原折り返し50号番台は、基本5両編成のみです。写真の非貫通先頭1号車は、金沢方(米原でスイッチバック、名古屋方となる)。逆は貫通先頭車。増結ユニットは全て貫通先頭車です。
サンダーバードは逆に大阪方が非貫通、金沢方に増結します。681系の増結ユニットは金沢方は非貫通だったけど、12両化対応のため、683系から増結ユニットは両側とも貫通先頭車になっています。 専門的すぎましたか?Img_78145z
旧国鉄交流急行塗色の455系が入線してきました。富山の富山港線がライトレール化するためJRから廃線するとき、記念にこの急行塗色に1編成6両を塗り替えました。昨年なんだったかの記念に、急行「くずりゅう」をリバイバルするときも使用されました。もったいないので当分この色はそのまま使われるでしょうw。Img_78149z
急行色と言いましたが、子供のころよく高岡へ行くとき、当時設定されていた「快速」にも乗りましたが、この色だったので懐かしいですね。あのころは普通車は4両ユニット。今はこの旧急行の455系をはじめ、旧583系の419系などみな3両ユニットです。多客時間には増結して6両で走ります。
いずれにしても古い車両しか走ってませんw。
Img_78189z 下り「雷鳥」が入ってきました。この485系は両端がフラットの先頭車。貫通でもありません。通常もう一編成走っていて、それは貫通先頭タイプですが、溶接して開かないようにしています。
今ではサンダーバードなどで、増結・貫通など当たり前に運用されてますが、それを見越して製造された485系も、実際の運用では連接・貫通して使われることはありませんでした。無用の長物だったわけですが、現在のJR各社のフレキシブルな運用は、Img_78200z
当時の車両製造の思想が先見の明があった証左だと思います。485系が現在まで長く運用されてることから、このスタンダードトレインは間違いなく、新幹線0系とともに日本のベスト車両の称号が与えられるべきでしょう。

Img_78214z

455系出発です。この構図を見ると、駅舎は近代的だけど、車両はまるで30年前にタイムスリップしたみたいですよね。まだ現役でこの姿を見られる北陸本線に、「鉄」のみなさんぜひ、足をお運びください。
駅撮りは、オール天蓋の金沢駅より、この小松駅か、露天で通過を見るなら松任駅がオススメです。

|

« 小松を楽しむ 4芦城公園 | トップページ | みなもと太郎大先生! »

コメント

1*さん、今日新幹線高架見学会、行ってきましたよ。後日レポートします。高架から見たもてなしドームと在来ホームは、やっぱり金沢という範疇からははみ出てるんじゃないかと・・。
富山駅の新しいイメージは明るくて楽しそうですね。イメージボード見ました。金沢駅も、せめて新幹線ホームは斯くありたいと思います。西口は徹底的に改善してほしいですが、あのデカいオブジェはそのままにする、と今日山出金沢市長は宣言してましたw。ふぅ。

投稿: joker | 2008年3月20日 (木) 21時21分

…ですよねぇ。北陸を代表する都市の駅、初めて降り立つ場所があんな暗くては金沢のイメージ良くないですよね…。
実は先日久しぶりに電車で金沢帰ったのですが、暗いからホームは日中でも沢山蛍光灯ついてるんですよね。あと端ホームの窓は別の建物に遮られ光が入らず。これってあきらかに設計ミスなんでは…。
いつの間にかマツキヨやらホテルやら出来てたのは驚きでした。
東口構造物は元金沢市民として複雑…巨大な門にガラス張り屋根のどこが金沢らしいんだと(笑)これには金沢に住む友人もかなり怒ってました。
問題なのは行政が市民の意見に耳を傾けず一方的に決めちゃった部分なのかも知れません。
西口オブジェ、石川の文字を表現してると分かる人どれ程いるか…。高岡駅南のアルミのやつと良い勝負かも知れませんね…。
整備時期バラバラで仕方ないのですが、駅も広場も何となく統一感無いですよね。
エール有り難う御座います!!(我が事の様に)
在来線は元々橋上駅でお茶を濁そうとしてた所まさかのフル規格決定で慌てて…という経緯らしいです…。
現在仮設ホーム完成間近で階段真下にはエレベータ設置されてます。仮設なんですが今の駅より使いやすそう。
ただ一部用地買収できてない部分があるみたいで足踏み状態(駄目じゃん)それでも高架工事中使う仮設駅舎建設も開始され、これが完成すると現駅舎は解体予定です。
いつも通勤時車窓から仮設ですが徐々に出来つつある新しい駅設備に何かわくわく感を感じ「時間無いけど頑張れー」って気持ちでいます。
今回も長々と失礼しました。

投稿: 1* | 2008年3月20日 (木) 00時37分

1*さん、確かに高架駅としての金沢駅に、僕も不満たらたらですw。
まずホームが暗すぎる!観光客への表玄関としても、陰湿な冬の北陸のイメージそのままって感じもしますw。構造上、天井を高くするなどもっと明るく出来なかったんでしょうかね。駅前も、後で造った東口は別の意味でどうかと思いますが(あのドームと鼓門は地元でも賛否両論)、西口は中途半端でいけませんね。意味の無いデカいオブジェで場所は取るし、送迎の車も進入が狭くてきついようです。
しかし新幹線開業を前に、既に20年近く経ったあの西口も、改造する検討がなされているようです。もっとバスや車の流れをスムースに出来るように、また立体駐車場も今の露天駐車場に造るとか。それこそ美観にも配慮してほしいと思っています。

1*さんもナベちゃんと同じように関西にお詳しかったんですね。同じJR西でも、こうも差をつけられると、なにか置いてけぼりにされてるようで、物悲しいですよねw。これは新幹線が通じても変わらないかも知れませんね。
富山県の工事は、ぜひ頑張れ~っていつもエールを心の中で送っていますw。

投稿: joker | 2008年3月18日 (火) 00時37分

お久しぶりです。
金沢近郊の駅、高架化や橋上駅化で随分ときれいになりましたよね。小松駅、前はコマツの工場と百貨店があるくらいでしたが、いつの間にか綺麗に駅前が整備されててびっくりです。
金沢帰省する度に思いますが、金沢駅もせめて福井駅や小松駅くらい明るかったらなーと。駅作ったの早すぎたのかなぁ。
確かに北陸線の時刻表って特急表示の赤色で真っ赤ですよね。遠慮がち、申し訳なさそうに普通電車の黒い表示、あと良く見ないと見逃してしまう快速・急行表示(苦笑)
自分は学生時代から勉強の関係で金沢と神戸を電車で行き来してまして。その頃から明らかに関西圏とこの辺との電車の差異みたいな事を感じてました。
サンダーバード等新型特急を始めて見たとき、行き先表示やドア開閉音なんかを目の当たりにして
「これ新快速とまるで同じやん」
とか思いました。
富山駅はJRと私鉄をまとめて大きな高架になるので時間かかりそうですねー。
高岡駅この前行った時には橋上駅化工事で駅の一部分解体されてました。確かに駅舎部分は再来年完成予定なので急がないと駄目みたいです。

投稿: 1* | 2008年3月17日 (月) 20時41分

初めまして。「新・自分探しブログ」の管理人のシンと申します。私は現在「情報企業家」として生活しております。私は現在鬱病闘病中です。鬱になり、人の温かさ、人との繋がり、人から勉強させてもらうという事がいかに大事かわかりました。現在は色んな人との出会いを大事にしたいと考えております。ランキングにも協力させて頂きまね。私のブログへも暇な時に覗いてくれたら嬉しく思います。

http://japan11921024.blog66.fc2.com/

内容はネットビジネス、鬱病、禁パチ、ヤクザさんとの修羅場体験、恋愛商法体験、架空請求体験など、過去の話や日常を記事にしております。良かったら遊びに来て下さい。ランキングも応援して頂けたら嬉しく思います。後…大変恐縮なのですが相互リンクもお願い出来ませんでしょうか?どうか宜しくお願い致します。

突然のコメントで申し訳ありませんでした。それでは失礼致しますm(__)m

投稿: シン | 2008年3月15日 (土) 16時04分

小松駅や松任駅など、北陸の中規模都市の駅は退避線の分としては、島式ホーム1面2線と対面ホーム1面1線の3線タイプが多いです。対面ホームは駅の玄関から改札入ってスグという、いわゆる駅の顔の役割をしてる昔ながらの構造です。高架駅となった小松駅も、線路構成は同様のままです。

北陸本線は、本の時刻表を見てもわかりますが、今ちょうど15日改正の、1枚ポスターものの金沢駅時刻表が手元にあり、優等列車は赤く示されてますが、もう、真っ赤っかですよw。普通列車より特急が多いのは、新幹線に幹線列車を奪われた他の本線にはない特徴ですね。おかげで「撮り鉄」も多いわけです。

北陸線はレトロな列車も多いでしょうが、僕としては各種直流列車が身近に居ないので、そのほうが希少価値がありますね。ただ藤沢時代は、湘南貨物駅がそばだったので、EF66やEF58、EH10なんかも親しい存在でした。しかしそれを何気なく当たり前に過ごしてしまったのが、今としては悔やまれますw。最近の特に関西の電車は乗ったことないのも多くて、チンプンカンプンですね。

ナベちゃんの言う117系ベースの特急は185系のことですね。登場当時はまず、僕も神奈川から大学へ行くときに東北新幹線が大宮起点だったので、いつも乗ってた上野-大宮間の新幹線リレー号でデビューしたのが始まりのはずです。
新幹線が上野まで通じてリレー号の必要がなくなってから、踊り子や上越特急に組み込まれたと記憶しています。踊り子や、今の「おはようエクスプレス」みたいに東海道の通勤用にも使用されてた185系のカラーリングは、横水平ラインを逸脱した、国鉄初の斜めラインで注目を浴びてたのですよ。
しかしこれももう大分古く、いまのバリアフリー始めのアコモ思想からはかなりくたびれ、居住環境はよくないですね。

投稿: joker | 2008年3月14日 (金) 18時49分

北陸の事細かな『鉄事情』を教えていただき、有難うございます。

北陸も新幹線開業を見込んで駅の建替えラッシュなんですね。
我がJR神戸線でも我が街・加古川を始め、主要都市駅では高架化、住宅地の
集結する駅では橋上化をやってます。
やはり狙いはJRを跨ぐ交通渋滞の緩和と両側より改札口へ向かえる利便性ですね。
更には、踏切を無くしてトンネルを掘るといった工事もいくつか執り行われてました。
そして…明後日の大ダイヤ改正にて新たに誕生する駅も、高架駅か橋上駅舎として
両方向からの通り抜けが可能な事を基本に入れて建設されました。

小松駅もシェルターを除いて、全体的な造りは加古川駅と似てますね。
加古川駅はご存知の通り加古川線の発着駅でもあり、小松駅の基本に
加古川線専用ホームが増設され、JR神戸線と加古川線との連絡線を
付けただけです。そして、加古川駅の神戸線は4番線まであるんで、
加古川線を含み3面6線式の島式ホーム形状です。

しかし流石は北陸ですよね。走る電車は大半が特急電車ですね。
特急を観るより普通を観る方がなんだか価値がありそうにも思ってしまいます。

我が神戸線でも京都線みたいに中距離での通勤ライナー的な特急車両を
用いた別料金必要の快速?急行?を岡山辺りまで走らせて欲しいんですが…
『新快速』と『新幹線』の利用率を維持するために、無さそうな感じがします。
京都線は485系か681系か683系の『びわこライナー』が走ってるのに…。

ライトレールといえば…以前、自分なりの構想を思う存分述べさせて頂きましたが
実は、JR西日本岡山支社では赤字の続く吉備線(岡山~総社)をレールバス形式か
ライトレールにしようといった計画があるんです。
現状での駅の利用率は低いんですが、似たようなルートで走る両備バスの
路線では、市街地での乗車率が高いみたいです。
そんな事で市街地では路面電車風に、田園の吉備路を走るに至っては
現在の吉備線を使おうといった動きがあるみたいです。

国鉄時代の車両といえば…113系や115系、117系辺りが馴染み深いです。
しかし、関西のアーバンネットワーク圏内からは117系を残して完全撤退して
姫路~下関間の広範囲で頑張ってます。
勿論、いろんな面でリニューアルを施し、JR西日本の標準色とも謳われる
通称『カフェオレ色』に塗り替えられ、中間車両も運転台付き車両に改造され
そのスパンと切ったような断面のフロントフェイスから『カフェオレ食パン』という
いかにも美味しそうな愛称を持ってローカル線や本線で活躍しています。
内装も221系以来の西日本近郊型電車の主流であるシートを採用した
セミクロスシート構造にして、室内は223系をイメージしたような感じになりました。
でも、やはり鉄道ファンに対してのサービスというか、国鉄時代からそのままの
115系湘南色で内装も全く変えてない編成も現役で大活躍してます。
117系に関しては、岡山地区で活躍するSunライナー専用車両は、ワンマン運転化
の為の改良を施し、自動放送を搭載したり運転士が身に付ける車内放送用の
マイクを設置したりしてます。ただ、内装は『新快速』として活躍していた
当時のままですね。あと、下関地区で活躍している117系標準色仕様は
京都の宮原電車区から借り入れしてるものなんで、オリジナルでの改良は
全くされてません。

あと、117系をベースに上越線特急で使用されている車両が開発された
みたいですね。『草津』や『水上』と言った特急の専用車両が。
更には、初代『踊り子』も同じような感じですよね。
ですから、117系も日本のベスト車両の称号を与えられるんじゃないかとも
思いました。

いつも長く篤い鉄話になって申し訳ありません…。

投稿: ナベちゃん | 2008年3月13日 (木) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小松を楽しむ 4芦城公園 | トップページ | みなもと太郎大先生! »