« 北陸新幹線vs航空便 | トップページ | 最後の金貨オークション »

2008年2月15日 (金)

河北門、寄進の平瓦「完売」?

Img_37142s 平成22年春の完成を目指す金沢城河北門復元整備に合わせ、復元工事に使用する海鼠塀の平瓦壁板に県民が記銘する寄進事業で、平瓦の申込件数が、予定した350口に達したため受付を終了した。
1口5,000円で、昨年9月から受付を開始。僕も即申し込んだ。内訳は個人296口、団体54口。って言うか全くもって少ない。
熊本城では、1口一人城主と言って寄付を募り、何億も集まったらしいが、金沢城は今後も復元事業が続くのに、県民のみならず、広くその意義と理解を全国に深めてもらうためにも、もっと大規模に募集したらいいだろうに。
一方の壁板が、分割して2,940口用意されてるがまだ456口応募にすぎない。当然僕は真っ先に応募したが、やっと最近になって受付返事のメールが来たくらいおっとりしている。
寄進の瓦や板の裏に、自分の名前など好きな文言を記銘し、復元する河北門にはめ込むのだが、その希少性をもっと内外にアピールしてほしい。
写真は重要文化財の三十間長屋。壁に見える格子模様が平瓦だ。その間の白く盛り上がった漆喰が"なまこ"に似てるから「海鼠塀」という。
河北門は、暖かくなったらようやく石垣の積み上げが始まるだろう。5月から順次、工事見学会が行われる予定だ。今から待ち遠しい。

|

« 北陸新幹線vs航空便 | トップページ | 最後の金貨オークション »

コメント

石川にも、海岸沿いの廃線跡がサイクリングコースになったところがあります。何十キロと続いているんで、一度チャレンジしようと、誰かさんに名づけてもらった折りたたみ自転車を買い込みましたが実現してませんw。
白山のふもとにもそういったロードがあり、マンガの宮尾岳「並木橋通りアオバ自転車店」でもそこの大会が題材にされました。

尾張と繋ぐのは、越美南北線のことですね。越美北線はまだJRで現役で、九頭竜湖まで延びてますが、数年前の台風で鉄橋が流され区間不通。関口智宏の番組でもバスで乗り継がれてしまいましたが、去年ようやく全線再開しました。
越美南線は早々と第三セクター化され、今は長良川鉄道になっています。

白山ろくの鉄道も、金沢から名古屋まで繋ぐ大構想のもと作られたのですが、結局白山ふもとまでで長年地元ローカル線としての活躍でした。これも昭和50年ころの水害で橋が流され、運休扱いが数年続きましたが、とうとう区間廃止。今では金沢からの「野町」-「加賀一の宮」(白山ひめ神社)間までの鉄道で細々と続いています。このブログの2年半前の書き出しが、そのレポートから始まっています。

あっ、城の話から脱線してますねw。
兵庫は戦国時代、それこそ星の数ほどの城であふれてたようですね。僕が敬愛する熱い時代劇画家、平田弘史氏の「黒田三十六計」に、小寺官兵衛(黒田官兵衛)の若いころからの活躍がいきいきと描かれています。播磨の当時の地侍の動向がつぶさにわかって面白いですよ。

投稿: joker | 2008年2月15日 (金) 12時52分

復元してほしいもの…鉄道ですが有りますよ。
岡山県の西大寺鉄道(現:瀬戸内市西大寺町~路面電車の東山?まで)と
同じく岡山県の井笠鉄道(現:JR笠岡駅~井原市の井原バスターミナル近辺等)と
片上鉄道の現役の姿をもう一度見てみたいです。
井笠鉄道なんかは歴史深く、しかも北陸ほどじゃありませんが、けっこうな
山越えもしてました。当時の車両で山越えなんか想像難しいです。
そして、名残も沢山あって、橋梁跡や軌道跡を遊歩道にして活用されてますが
そんな後景を目にすると、当時の現役時代の資料画像が頭の中に甦ります。

たまに思うのは、計画路線で終わってしまった北陸と尾張地方を結ぶ予定だった
廃止になって
今では観光目的で予約制で軌道自転車に乗る事が可能になった第3セクターの
ローカル線や、山陰と美作を結ぶ廃止になった国鉄・倉吉線の計画路線が
繋がった時の事を想像します。
どんな山越え軌道で高低差がどれ位でどんな列車が走るんだろう…とか。
どちらのルートもかなりの難工事になるのは見えてました。
地方でも最も険しい山越えルートでしたからね。ある意味興味もありました。

おっと…お城の話から脱線してしまいましたね。
兵庫にも焼け落ちた城跡はけっこうありますよ。和田山にある竹田城跡、
丹波篠山城も焼け落ちたかと…あとは、『新快速』の西の終点(播州)赤穂城も
天守閣が無かったと思われます。
地元・加古川には、産業目的で『加古川城』としてうどん屋さんが在りましたが
知らぬ間に姿を消したり、現役だと鳥取県の米子に凄い大きなお菓子の会社が
土産物屋風に『米子城』と謳ったお店が、米子自動車道の米子ICの先にあります。
兵庫県豊岡の隣街『出石』にある出石城は、観光目的か歴史的建築物かは
分かりません。
なんせ兵庫県や周囲にもお城が多いんです。あっ!隣街の明石にも。

投稿: ナベちゃん | 2008年2月15日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸新幹線vs航空便 | トップページ | 最後の金貨オークション »