« 最後の金貨オークション | トップページ | 辰巳用水の三段石垣 »

2008年2月17日 (日)

2年ぶりに積もりましたぞ!

Img_77477s うっひゃぁ、こりゃ積もった! 一晩で20cmくらい降りましたかね。朝から雪かきで腰がいたくなるなぁ。
こんなに積もったのは2年ぶりですな。青空がちょうど家の前に現れたので、思わず撮ってしまったが、さぁ今からすかしますか!

Img_77480s やれやれ、30分掛けて家の前の道路含めてすかしたぞ!どうだ!!
腰がいたい。犀川の堤防を兼ねる道路は細く一方通行。当然消雪装置などない。ほっとくとアイスバーンになるからひどいときは氷を削り割ってでもよけとかなきゃいけない。今日はそんな必要なかったけど、昔は水撒いたりして割ってたなぁ。
Img_77482s せっかくだから、ブログアップのため川原に下りて撮影してみる。スッポリはまるくらいだから、累積で40cmくらいあるだろうか。
このへんは犀川の河岸段丘の底だから、吹き溜まりで市内の中でも積雪が多いほうだ。会社は海のほうだから、いつもまだ少なめでうらやましい。
カメラ片手だったから、新雪の中にバターンはやめた。ちょっと積もりすぎで、微妙な雪景色を撮るシチュエーションが探しづらい。
Img_77495s それより、この真っ白な世界の風景をご覧戴くことにしよう。2年前は青空の澄み渡ったシーンを撮ってあるのをストックで確認した。今日はいまのところそういうわけにはいかないが、午後の天気次第で行きたいところもあるので、うまくいったらそのレポートをみてもらおう。
しかしこれはしばらく根雪になるな。明日の早朝会議の早起き、さらに早く起きなきゃいけないかなぁ。しんどい・・。

|

« 最後の金貨オークション | トップページ | 辰巳用水の三段石垣 »

コメント

新型車といえば、予算に余裕?のあるJR東日本では、東北のローカル線ですらJR後の新製車両が出回って、国鉄時代の車両がない、とそれを求めて北陸線が撮り鉄のメッカになるくらいです。そういえばサンダーバートなどの681・683系以外は国鉄時代の車両ばかりですもんね。
第三セクターになって、もらう車両があれでは経営できませんよね。それもこれもJR西日本の交流区間が北陸線だけだからです。毎日の通勤ご苦労様です。

投稿: joker | 2008年2月20日 (水) 21時08分

色々教えていただき有り難うございます。
へーあの電車は古い電車の改造なんですか…始めて知りました。
確かに関西とか首都圏の電車みたいに真新しい雰囲気とは縁遠く使い古された感はありますね…。
確かに諸事情あるんでしょうが、それにしても同じ会社と思えない差がある気が…。
足が悪いので尚更感じますが、北陸の電車ってひどい段差でバリアフリー無視状態ですし。
関西行った時とかホームと電車の床が同じ高さでとても楽だった記憶があります。
寝台列車!?随分と無茶な…通りで窓も小さいしうす暗いわけですね。
富山の話題ですが、第三セクター移管時、車両無償譲渡でないと引き受けない意向…ってニュースでやってました。
確かに、ただでさえ赤字経営予定なのに、そんな古い代物なら余計コストかかりそうですしね…。

投稿: 1* | 2008年2月18日 (月) 23時10分

1*さん、お久しぶりです。
北陸線は特に、雪には以前から強いですが、羽越線の事故などから風の規制が強くなって、少々の強風でも遅延や運休が増えてしまいました。夜行は特に、代替が利かないのもあり判断が早いですw。

521系は直流区間が延びた、長浜-近江塩津間を主に走るようになった2両編成のわりと新しい車両です。
僕らが主に乗る北陸線の白い普通列車は、将来新幹線開通後第三セクターになる線区に掛ける余計な予算を出せないJR西日本が、余剰になった老朽化した特急や急行だった車両を改造した成れの果てなのですw。
天井の高いのは419系と言って、旧583系、今「夜行急行きたぐに」として走ってるもので、寝台電車でした。ボックス座席の上の部分が変に出っ張ってるでしょう。あれは引き出して寝台ベッドになる部分なんです。出入り口の改造が中途半端で、ラッシュ時に乗り降りするのに大変ですよね。いい加減JR西日本に新型車用意してほしいものなんですが。(苦笑)

投稿: joker | 2008年2月17日 (日) 22時41分

どうも、お久しぶりです。凄い雪でしたねー。
静かにこっそり降るもんだから、朝起きてびっくりです。
電車通勤で普段車は使わないので、我が家の軽四雪に埋もれてました(苦笑)
北陸線の電車って今も関西近郊の電車より雪に強いんでしょうけど、昔に比べて雪や風で運休・遅延の多い気がします。
私が小さい頃なんかは何十センチの大雪も何処吹く風で普通に動いてましたし。

521系ってどんな電車なんですか?(すいません、全然詳しくないもので)
あの北陸線走ってる白に青ライン電車のお仲間なんでしょうか?
しかし北陸線の電車って関西の電車に比べると年季が入ってる感じですよね…。
朝ラッシュ時に車両故障で運休するわ、この前も天井の雨漏り発生して応急処置で厚紙張ってたり、色んな意味で何かすごいですよね…。
個人的には何系かは分からないんですが、天井の高い古い電車が来るとハズレな感じです。
あの電車狭くて混みまくるので嫌いなんですよね(苦笑)

投稿: 1* | 2008年2月17日 (日) 21時23分

521系はその名が示すとおり交直両用車。北陸線も長浜の頭端ホームから発着してるので、これくらいの雪で動けなければ話になりませんw。
今日は雪の北陸線を撮るなら絶好なんでしょうけど、線路は遠いのでやめました。別に山の方へ向かって撮るものがあったので・・。

琵琶湖の西岸は、昔友達のせまい普通車で5人ギュウギュウ夜通し下道を京都まで走り、明け方夢うつつの中美しい湖面を視た記憶があります。しかし窮屈な後部真ん中にいてろくに寝れず、京都郊外のコンビニの傾斜した駐車場でやっと降りたら、すってんころりん、と転んでしまいましたw。
非常に疲れた帰りに、和風レストランの付け合せで出たお汁粉でエネルギー回復。甘いもので疲れが取れる!ってのを体感できましたねw。

投稿: joker | 2008年2月17日 (日) 16時50分

雪を体感しに北近畿まで行ってみようかな…(爆)
やっぱ、自殺行為に過ぎないから止めとこう。

そういった事を繰り返し繰り返し思いだします。
自身の愛車2号機(福島県のいわきで廃車になったMAX)では、冬になると
スタッドレスタイヤに履き替えて、春の始めに琵琶湖を1周廻ったりもしてました。
確か…午前中に京都へ行き、そこから国道1号と8号を使って東側から入って、
湖西線の近江塩津か新疋田辺りでJR湖西線に沿って走る国道に入って南下して、
湖岸道路?国道のバイパスを走り帰った覚えが。
あの時はほとんど積雪がありませんでした。

JR西日本近郊型主要電車の223系も結局近江今津・長浜以北は区間運休になってしまい、
寒冷地対応に改造されていない近郊型が雪に弱いことが証明されましたね。
でも、221系の瀬戸大橋線仕様の寒冷地ローカル向けに改造された521系?は、
しっかりと福井まで走ってるみたいです。
昭和車(国鉄時代の主力車両)は、長距離走行や耐熱性など、本当に強いですね。
リニューアルや補強改造はするものの、現役でバリバリ走ってますから。

そろそろ兵庫県南部も雪が降り始めるかな?って天気ですが、気温が高いような
気もします。

投稿: ナベちゃん | 2008年2月17日 (日) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の金貨オークション | トップページ | 辰巳用水の三段石垣 »