« 左義長は今日ですか? | トップページ | 「坊ちゃん」途中で止まってる。 »

2008年1月15日 (火)

今日の犀川

Img_74681s 今日の家の前です。白いものが残る、っていう程度ですね。この冬ずっとこうでしょうか。気温は確かに低くなって、最高でも3度のようですが、部屋に居る分には苦になりません。
写真の山はこの犀川の上流、いわゆる犀奥の山々といいますが、去年は結局チャレンジできませんでした。高三郎山(1445m)はこの一年、はるかに遠く感じましたね。[室堂からの立山]よりかなりに難しい山です。今年は・・・ゆっくり考えますw。

|

« 左義長は今日ですか? | トップページ | 「坊ちゃん」途中で止まってる。 »

コメント

姫路はまだ行ったことがなくて土地勘が良くわからなくて申し訳ないですが、淡路島から明石海峡大橋を渡って「舞子」に降りたことがあります。でっかい橋脚に圧倒されたのを覚えてます。

北陸の冬の雲は低くて、山にぶつかって水分全部落としちゃうのよくわかります。昔はよく鉄道なども止まりましたが、最近は雪が決定的に少ないのと、路盤整備も行き届いているので多少の雪では遅れても運行休止になりませんね。むしろいつでも強風ですぐ止まるのが困りますw。
「飛騨トンネル」の貫通はちょうど1年前ですが、地盤がもろく何度も崩落してかなり遅れが出ています。当初今年度末だった開通予定も、7月までずれています。関越に次ぐ国内第二位の道路トンネルは、危険物を運ぶトラックは通行禁止というなんだかな、のジレンマにも陥ってますww。

投稿: joker | 2008年1月15日 (火) 13時02分

姫路も毎年必ず1回は市街地でも積雪になってたんですが、
今シーズンは、まだ全く積もってません。
でも、不思議と姫路・加古川・明石って近く感じる隣接する街
なんですが、天気が全く違うんですよ。地図でも分かるように、
東西の正確な緯度線から右肩下がりに海と陸の境目があって、
姫路を通過した雨雲なんかは、そのままJRに沿って進まずに
小野や六甲山の裏手を通ってしまうんです。
マニアックな地名や説明が下手なんで、分かり難くてすみません…。

北陸って、ダイナミックな感じがします。
北側は日本海が広がってるし、南側はアルプス連峰の標高の高い
山々が連なってて、おまけにこのシーズンに雪化粧してるのを
見ると、東海地方との凄い偉大な壁だな…と。
逆に東名高速を東向いて走ってて、左手に雪化粧した山々を見るだけでも
「あっ!この向こうに北陸地方があるんだ…」とワクワクしてしまいます。
でも、そんな山の壁を突き抜ける東海北陸道や北越急行は、
言葉に表し難い凄さを感じます。
工事も大変だったと。東海北陸道の『飛騨トンネル』全通は
いつでしたっけ?

投稿: ナベちゃん | 2008年1月15日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左義長は今日ですか? | トップページ | 「坊ちゃん」途中で止まってる。 »