« 久しぶりの飛行機雑感。 | トップページ | ハレの東京強行軍 2 »

2007年12月10日 (月)

ハレの東京強行軍 1

Img_70755s 週末はまた東京に行ってました。金沢のblogのつもりなのに、東京ネタばかりで恐縮です。しかし日帰り強行日程はいつもながらキツイ!
この季節、金沢の朝6時はまだ真っ暗。そぼ降る雨の中、「はくたか1号」は濡れたレールを軋らせながら、冷たい風を突っ切っていたのに、東京に着いたら別世界ですよ。あきれますね!
「浜離宮恩賜庭園」に来ましたが、汐留のビル群が間近に屹立したこの図は、江戸時代からの広い庭園の借景としてはかなりのミスマッチ。
Img_70286s 浜風をさえぎる高層ビルの壁は、ヒートアイランド現象も加速させるようで、災害に対してもよくないハズ。東京駅八重洲口から銀座・日本橋の再開発では、この点を考慮し、低いビルと風の流れを取り入れた環境第一の取り組みをする予定だそう。
12月も9日と言うに、この青空とナナカマドの赤のコントラストは綺麗だ。永遠に秋なのかと勘違いした。
浜離宮ではそこここに「雪吊り」の木を見かけたが、金沢の雪吊りと形が違う。実際降雪もあまり想定していないだろう、意匠だけの感がする。役に立たなさそうだ。関東の人には珍しさもあってこの寒い季節でも金沢への観光客は多いが、白と灰色の冷たい世界がお気に召さない諸兄にはオススメできない。尤も最近は雪も少なく、晴れた日もかなりあるのだが、今年は今のところずっと雨続きだ。

Img_70897z_2  「浜離宮」は都内に唯一現在も稼動中の「汐入りの池」の公園だ。海の潮汐の干満で、海水を取り入れた池も満ち干する。水辺の石に付着物があるのが、汐があの高さまであった証拠だ。
コサギが上手に小魚を捕らえていた。金沢に居れば特急の名で「しらさぎ」は有名だが、「しらさぎ」という名の鳥が居るわけではない。白いサギは大きさで「ダイサギ」「チュウサギ」「コサギ」と種類がある(別の鳥だが)。大きさとクチバシが黒いのでこれは「コサギ」だ。
日向に居ると、僕はわりと暖かに感じるが、日陰になると急に冷たくなる。でもおかげでまたおだやかないい日をすごせた。次回も出発には雪が積もってないことを祈りたい。


|

« 久しぶりの飛行機雑感。 | トップページ | ハレの東京強行軍 2 »

コメント

ナベちゃんお仕事お疲れ様です。
この後22日と1月2日にも行きます。2日は木場とその前に数人で新年会をします。よかったら参加しませんか。rikkyuさんもいますよ。

僕もいつも帰りは、却って高揚した疲れと心の空洞で、乗り換えを気にする列車の中では眠れませんね。飛行機は仕事でしか乗りません。以前エアポケットで大きく沈んでから、揺れるときは肘掛にしがみついて脂汗たらしますね。ある意味閉鎖空間で生きた心地しませんw。

投稿: joker | 2007年12月11日 (火) 23時55分

遅くなりましたが、お疲れ様です。
僕も早く東京へ行って友人とか沢山の人に会いたいです。
でも…なかなか時間も取れそうにないんで、日帰りで行くのが
やっととなりそうです。

僕の場合は、朝7時頃に加古川出発⇒姫路か西明石で新幹線に
(『ひかり』か『こだま』)乗車、新神戸にて500系の『のぞみ2号』
で東京へ…昼頃到着、そして用事、帰りは20時台の姫路行のぞみ号で
終点まで行って加古川へ帰るってコースです。
皆さんもそうだと思いますが、いつも行きは凄くわくわくして楽しみで
帰りは凄く寂しく切なくなります。

ちなみに飛行機は大の恐怖症でして、学生時代に修学旅行で北海道へ
行く時に凄く抵抗を感じながらも乗ったのが暫定で生涯最初で最後です(笑)

投稿: ナベちゃん | 2007年12月11日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの飛行機雑感。 | トップページ | ハレの東京強行軍 2 »