« 「金沢検定」バッヂ届きました! | トップページ | 思いがけない「つくば」への旅2 »

2007年12月24日 (月)

思いがけない「つくば」への旅1

Img_72240s 週末の連休を使って、また上京しました。土日でイベントが3つもあるんだけど、今回いつも青空の東京も雨マーク。初日は室内だったので大丈夫だけど、2日目の日中は早くに中止になってしまった。昼から晴れの予報と言うのに。
晴れ男パワーもイマイチだったけど、おかげでNさんから連絡あって、彼の地元近くの「つくば」へ急遽行くことにしました。
「つくばエクスプレス」に乗るのも久しぶり。終点「つくば」に乗り込むのは初めてだ。日曜の日中なのに客数もまばらで、やはり先頭にかじりつくことにした。
Img_72262z ブレないようにシーンを選んでじっくり撮影したが、後半は雨粒がガラスについて見にくくなった。青空と一緒なら、陽に映えて銀色の車体も美しいはずだが、そもそも雨だからの行動なのでしようがないw。行きは区間快速だからか、最高速度は120km/hどまり。区間快速と言っても通過するのは4駅だけ。52分かかり、快速の45分からすると決して速くない。
Img_72275z それでも「守谷」から先は初めてだから、直流から交流になる瞬間を確認できたよ。運転台の左上、オレンジの「直」のランプが隣の「交」に変わる。デッドセクションは守谷から案外大分先だった。柿岡にある、「気象庁地磁気観測所」への配慮で鉄道各社がこの周辺直流電化していない。
このほかATO運転やホームドアなどで車掌いらず。でもドアの開閉など、運転士がワンマンで全て行っているのでこのように空席の瞬間も。ただそもそもATOなので「ゆりかもめ」同様ムリすれば運転士もいらない。
Img_72291s 「つくば」駅でNさんと落ち合って、彼の車で出発。駅前は新興都市然としてたけど、高層ビルとかはなく、思ってたイメージより自然とマッチしてたかな。
まずはめざすは、おねだりして我が地図マニアのメッカ、「国土地理院」および「地図と測量の科学館」へ。まさか此処へ来ることが出来るとは思わなかった。
Img_72315s その名のとおり、地図の歴史や技術、測量に関しての展示館だが、国の施設なので無料。子供向けにも優しい展示も多いので、ぜひ関東近郊の方たちには大勢きてほしい。
今日は後の予定も詰まっているので、駆け足で見たが、大体は承知しているので来られただけで満足だ。

Img_72307s 外にはでっかいパラボラアンテナもある。ここで数十億光年彼方の電波星からの電波を観測して、何千キロ離れた2点間の距離を、誤差数ミリほどで測るVLBIというシステムだ。日本に4箇所あり、逆に地球の変動を観測することができる。当然動きはのろいのかと思ったら、1分で180度回転できるというからオドロキだ。
他にも航空写真用の飛行機や一等三角点「筑波原点」上を42mの高さから機器で周辺と観測する「測地観測塔」などがある。
Img_72293s 国土地理院と言ったらやっぱり地図だ。明治10年の東京。隣は平成10年の地形図が掲示してある。まだ多くの武家屋敷を幕府から新政府が接収して、中央官庁や軍施設にして間もないころの江戸城(宮城・きゅうじょう)周辺である。各堀群も健在だ。
1階のショップでは、地図類はあらかためぼしいのはあるが、他ではなかなか見つからない測量の専門書や人文社の「文政天保国郡全図並大名武鑑」がありました。箱入で、今ネットで見たら古書で30,000円してました。荷物になるから買いませんけどね。
さて、後半はいよいよ筑波山へ登ります。といっても車ですがね。

|

« 「金沢検定」バッヂ届きました! | トップページ | 思いがけない「つくば」への旅2 »

コメント

ナベちゃん、全くその通りですよ。
北越急行もつくばEXも安全?な地下で最高速が出るのですが(そのかわりキーンと耳をつんざきますw)、関西の新快速は直線の京都-大阪間でもモーター限界かというくらい飛ばしますね。雷鳥が置いてかれたりしませんでしたっけw。
つくばEXは将来東京駅までの延伸が計画されてますが、東京は地下鉄がまもなく延長終了後、いよいよ東京駅周辺が騒がしくなってきますよ。

投稿: joker | 2007年12月28日 (金) 13時07分

地元を高速で走る『223系新快速』より『つくばEXP』の方が安心して乗れそうです。
何故なら、時速130kmで走る軌道が物語ってますかね。

地元の『223系新快速』は、街中の空いたスペース縫うように沿って
ひいた線路の上を、始め(昭和後半)は『シティライナー』か『ブルーライナー?』が
急行専用車両を使って急行料金無しで車内販売等のサービスもやりつつ
姫路~大阪・京都間を営業してたんですが、今は本当に速さだけを追及する
安全性も甘すぎる営業となってしまいました。
一方『つくばEXP』は、秋葉原付近・つくば付近は地下構造で勿論スピードは
出せないものの、通過列車用に安全柵が設けられてますね。
そして、常磐線と
スピードを競う区間なんかは全て『新幹線』と見間違える程の超高規格橋梁
になってますよね。そのうち『はくたか(160km)』を抜くぐらいの営業スピードを
目指してるんでしょうか…ってのはかってな想像ですが(笑)

新快速も130kmで走るなら、それなりの安全策をして欲しい…ただそれだけです。
僕の住んでる加古川を中心に西明石~姫路は特に。

愚痴になってしまって、本当に申し訳ありません。

投稿: ナベちゃん | 2007年12月28日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金沢検定」バッヂ届きました! | トップページ | 思いがけない「つくば」への旅2 »