« 北陸新幹線、金沢まで「連結」!? | トップページ | うっちー、ドラフトおめでとう! »

2007年11月20日 (火)

金沢「パーソントリップ調査」

Img_70164s 今朝初雪がちょっとだけ積もってました。平年より9日、暖冬の昨年より15日も早い初雪です。今年は雪が多いのかなぁ。秋は短かった気がします。冬支度これから大変です。
さて、トピックの鉄道を公共交通機関の一つとしての関連で、興味深い調査がこのほどあったので報告します。
戦災に逢ってない金沢は、藩政期のままの古い町並みも多く、道路が狭いため自動車の通行に限界があります。そのくせマイカー利用が多いため、歩行者・公共交通機関優先の街づくりを進めようと、あの手この手を金沢市が計画するようです。北陸新幹線開通後、市内への移動を利便にするためにも、さまざまな指標を持ち出して公共交通の有効性を見直させています。
そういった中で、現在の交通問題の把握や将来の交通政策の検討のための実態調査のひとつとして、「パーソントリップ調査」が行われました。各事業所に依頼をかけ、従業員全員のある日一日の交通行動を綿密に記録させるのです。自社の取りまとめを僕がしましたが、皆めんどくさそうでしたが、調査自体はたいへん興味深かった。何時ごろ家を出て、何分かけてどこへ行ったか、その次はどこへ、何に乗って・・と全部書くのです。
ここ金沢都市圏(金沢市・旧松任市・旧鶴来町・野々市町・津幡町・内灘町)では、昭和49年ごろ第一回、以降10年程ずつ実施され、今回が4回目。その成果として、「山側環状線」が開通したり、家の近所も走る「ふらっとバス」が運行したり、バスレーンやパークアンドライドが実施されたりしました。現在街なか周縁部を走る、循環バスが実験中です。
現在中心部ではトラフィックが飽和状態。地下鉄やLRTなど新都市交通も検討されてますが、この景気状態で予算が現実的でなく、手の打ち様がないままになっています。新幹線は確実に7年後までには来ます。この調査を元に、どういった新交通システムが取り入れられることになるのか、我がことですから、待つだけでなく提言できたらいいですね。

|

« 北陸新幹線、金沢まで「連結」!? | トップページ | うっちー、ドラフトおめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸新幹線、金沢まで「連結」!? | トップページ | うっちー、ドラフトおめでとう! »