« 金沢城復元計画の詳細 | トップページ | 金沢「パーソントリップ調査」 »

2007年11月19日 (月)

北陸新幹線、金沢まで「連結」!?

Img_65813s 建設が進んでいる北陸新幹線で、富山との県境と金沢駅間は14日の乙丸陸橋接続工事で、延長約20.6kmすべてが高架橋やトンネルでついに繋がった!!
これでレール敷設などの開業設備を除く土木工事がほぼ完成した。次いで金沢-白山総合車両基地間は、先月27日に加賀犀川橋梁が着工。2014年度末開業の前倒しを目標に、金沢以西の工事が急がれる。
県境から白山総合車両基地間の約31.6kmの内訳は、路盤(盛土・切土)が1.5km(4%)、橋梁3.4km(11%)、高架橋17.6km(56%)、トンネル9.1km(29%)となっている。
金沢-白山間の本線用地取得率はまだ8%だがこれから本格化する。レール敷設などの開業設備の工事は開業の約4年前に認可される見通しだ。
金沢駅周辺の高架化は97年に完成しており、開通までは気の遠くなる時間が掛かっている証左だ。
犀川に架ける「加賀犀川橋梁」の工事区間は延長727m(川の部分だけでない)、工事費は15億9600万円。2010年1月までの完成を目指す。

ところで、夕べ、初雪というか、ミゾレが降りました。今年は早いです。寒いです。どうしましょう。。

|

« 金沢城復元計画の詳細 | トップページ | 金沢「パーソントリップ調査」 »

コメント

るるさん、コメントありがとうございます。
白山車両基地、つまり松任駅より先までは、今の北陸本線の脇を高架で伸ばします。金沢駅では在来線より南側にある新幹線ホーム予定地も、犀川を渡るころにはオーバークロスして北側になり、町名はずっと北陸本線沿線北側ということですね。松任駅を過ぎて、宮保町周辺に車両基地ができます。

投稿: joker | 2007年12月 4日 (火) 22時26分

金沢-白山間の本線用地って 町名などでいうと どこら辺になるんですかぁ??

投稿: るる | 2007年12月 4日 (火) 13時12分

僕も長いと思うので、川の部分だけじゃなく高架の範囲かと思います。ただ、「はくたか」は今福井まで行くのはわずか、展望DVDでも長時間になるので、犀川渡る映像ってないのでは?「サンダーバード」か「しらさぎ」じゃないでしょうか。

来月の与党検討委員会で、金沢-敦賀延伸を答申するようです。それ以西はまだ未定で、丹波地方を通って大阪に至るルートが朱引きされています。予算や急ぎの関係なら、米原接続が有力でしょうが、東海道のバイパスとしての役割からすれば不完全ですね。金沢まででも、ぜひ西日本に新型車両作ってほしいんですが・・。

開通したら、残念ながら「はくたか」は存在意義を失います。廃止になることでしょう。北越急行は7年後の赤字化に向けて?今一生懸命黒字を溜めてるところです。

投稿: joker | 2007年11月22日 (木) 00時27分

犀川ってそんなに幅広かったでしたっけ?
特急『はくたか』のオンボード映像からはそんなに長い事犀川を
渡った気がしないような…。

北陸新幹線が最西端繋がるとしたら…やっぱり米原でしょうかね?
そして、JR東日本の新幹線が新大阪まで乗り入れたりとか。

北陸新幹線が開通したら、国内在来線最高速(時速160km)の北越急行681・683系の
乗車率は少し減っちゃうんでしょうね。

投稿: ナベちゃん | 2007年11月21日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢城復元計画の詳細 | トップページ | 金沢「パーソントリップ調査」 »