« アスカ、来襲!! | トップページ | 石川門太鼓塀、修復は現代工法とコラボ »

2007年10月 1日 (月)

ふたりの「あすか」!

Img_65807s 郵船クルーズ「飛鳥Ⅱ」を観にいく前に、金沢にはもう1人の「あすか」がいた。
JR西日本のジョイフルトレイン、12系和式客車「あすか」である。武生-京都の団臨運用のあと、ここ金沢総合車両所に留置かれていた。午前9時だかこの後まもなく、ホームグラウンドである大阪の宮原総合運転所へ帰っていく。
JR西、初のジョイフルトレインで1987年運行。前年餘部鉄橋事故で落ちた和風列車「みやび」の代替で誕生した。
Img_65813s 金沢総合車両所は撮影スポットとして魅力だが、今まで駐車のこともあり寄っていなかった。今日は雨で本格的な撮影は出来なかったが、ロケハンも兼ねて確認できたので、天気のいい休みの早暁またチャレンジしたい。車両所を跨ぐ乙丸陸橋の上に、とうとう新幹線の高架が繋がる。3日の未明で接続工事だ。これでかなり先まで高架は繋がり、開通までの準備は白山車両基地までのルート工事に集中する。7年先は長いようで短い。
実は今日はもう1人の「あすか」が富士で頑張ってたね。悪天候、体調大丈夫だったろうか。

|

« アスカ、来襲!! | トップページ | 石川門太鼓塀、修復は現代工法とコラボ »

コメント

『ゆぅトピア和倉』や『アストル』、懐かしいですね。
僕の地元の加古川でも、一回踏切待ちしてた時に金色が目立つ
『アストル』が目の前を通過しました。

そういえば…北近畿でも、電車特急『北近畿』にエーデル車両の気動車を
連結して走ってたのを思い出しました。

この写真のアングルから見たら、高架を走ったトラックが新幹線の高架に
当たりそうな感じがしました(笑)
僕の住んでる近所の姫路駅の立体交差事業は、本当に凄かったです。
山陽電鉄とも絡んでたんで。

投稿: ナベちゃん | 2007年10月 1日 (月) 13時35分

ジョイフルトレインの世界でも、北陸は下火です(笑)。七尾線が非電化のころ、大阪から能登の和倉温泉まで、雷鳥に引っ張られ「ゆぅトピア和倉」とかいましたが、今は「のと鉄道」に使用されたあと「のと鹿島」駅で静態保存中です。
「アストル」も昨年廃車されました。新幹線が繋がるのはいいけど、在来線でそういう遊び心が少なくならないのを望みますね。
新幹線高架は富山県境までほぼ完成です。あとは金沢駅から小松方面へ約10キロ、「白山車輌基地」まで用地買収から必要です。
この高架道路は現役バリバリ(笑)。3日は夜、通行止めにして接続工事です。

投稿: joker | 2007年10月 1日 (月) 13時23分

『2人あすか』って題だから、一瞬、唯川明日香さんが紹介されるのかと
わくわくしてしまいました…。

ジョイフルトレインの『あすか』、兵庫南部でもよく見ますよ。
そうですよね、餘部鉄橋の転落事故で失った『みやび』の代替でしたね。

ジョイフルトレインといえば…昔、神戸~滋賀県の長浜(虎姫で方向転換)間を
『サロンカーなにわ』で団体旅行した覚えがあります。
機関車は確か…ED79?なんせ、EF81では無かった事は確かで
貫通扉が付いた赤い機関車でした。

新幹線の高架もだいぶん出来ましたね。
この写真に写ってる新幹線高架をクロスして車両基地を跨ぐ高架道路は
現在は使われてないんですかね?

投稿: ナベちゃん | 2007年10月 1日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アスカ、来襲!! | トップページ | 石川門太鼓塀、修復は現代工法とコラボ »