« 小松基地航空祭07 | トップページ | 払い込み3点! »

2007年9月25日 (火)

勧進帳の調べ流れず

Img_65633s 小松基地へ行くのに久しぶりにJR小松駅に降り立った。立体交差化し立派な高架駅になって数年、県第2の都市の玄関口として整然と綺麗な駅となった。
小松は義経・弁慶の悲哀のエピソード、歌舞伎の勧進帳の舞台となった安宅の関がある都市。そのため昔から子供歌舞伎が盛んで近年、宗家12代市川団十郎さんを始め本家歌舞伎とも交流が深い。そこで今年、銀座の歌舞伎座で行われた「俳優祭」に特別出演した児童らの音曲などを使って、7月からJR小松駅のホームの発車音などに採用された。発車音にメロディを取り入れてるのは何も首都圏だけでない。金沢駅は17年前から琴の音色にしている。
Img_65723s ところが何と、駅員の怠慢により、8月ころから流されなくなったという。最近になって市民の指摘から、駅側が音源のスイッチを入れようとしたら、機器が故障してたことがわかった。すぐに点検修理の後、再び流しだしたのはこの前日の22日から。
ホームで写真を撮っていたら、勧進帳の子供たちの調べが流れてて、さすが小松、粋だなぁと思ってたばかりだが、なんとそんな経緯があったとは知らなかった。費用は小松市から出てるようだし、何より子供たちの想いを踏みにじるような怠慢は、JR西日本は好きであるからなおさら残念だ!
小松駅は今年開業110年。駅では往時を偲ぶ写真展もしていたし、乗降客に「郷土のにおいがする」と[歌舞伎のまち]を象徴する音色は好評でもあった。鉄道離れを加速させないためにも、なんとか地元に愛されつづけてほしい。。

|

« 小松基地航空祭07 | トップページ | 払い込み3点! »

コメント

さすがナベちゃん、テリトリーが広いですね。各駅特徴ある駅メロで、子供たちはもちろん、大人にも楽しめる鉄道になりましたね。首都圏の駅メロのCD買ってipodとかで聞いてますよ。ゲーム音楽でも有名な塩塚博さんが多く作曲してますね(釈迦に説法だったか)。

大阪近郊の新接続や新しい駅舎計画はこちらでも期待大です。また近いうちに寄りたいですね。
来月は大宮の新しい[鉄道博物館]に行く予定です。

投稿: joker | 2007年9月25日 (火) 12時27分

駅メロ、僕も大好きです。
地元の駅も勿論、周辺の三都(神戸・大阪・京都)も各自違った駅メロを
持ってます。JR京都は、駅舎の改築と共に駅メロを導入したみたいですが
どうも西武新宿駅で使われてたものを流用したみたいですね。

一番好きなのは…首都圏も良いけど岡山駅のメロディですかね。
山陽線広島方面は『いい日旅立ち』、山陽線姫路方面は『線路は続くよどこまでも』、
伯備線・赤穂線は『汽車?』、そして宇野・瀬戸大橋線は『瀬戸の花嫁』と
路線ごとに使い分けてあり、とってもクリアーな音質で大音量で
いつも列車接近の時に流れますよ。
あと、山陽線の岡山~三原間でも色んな駅メロを聞く事が出来ます。

あとは、東京駅の地下京葉線と上野駅常磐線特急の出発メロディも大好きです。

小松駅、とても立派な高架駅舎ですね!!屋根があるのは、積雪対策でしょうか?
485系国鉄色の特急『雷鳥』もカッコいいです!!!このアングルが自分は
好きです。

数年後には、JR大阪駅や近鉄あべの橋駅にJR岡山駅と新しい駅舎になり、
街並みも凄く変わります。そして…大阪外環状線の部分開通や阪神電鉄と
近鉄が繋がったりと、新しい路線も沢山出来てきます。
サンダーバードで新路線を体感しに関西へお越し下さい。

投稿: ナベちゃん | 2007年9月25日 (火) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小松基地航空祭07 | トップページ | 払い込み3点! »