« 夏休みの最後はやはりダム! | トップページ | 金沢城石川門太鼓塀「解体修理現地説明会」 »

2007年8月24日 (金)

名古屋出張 仕事の合間に!?

Ricoh_130s 木曜は急な名古屋日帰り出張でした。メーカーの展示会に、仕事では初の尾張なので代理店各社さんめぐりもしました。初顔あわせの意味もあり、移動も含め、みなさんホントにお世話になりました。
しかしここでは仕事の話はヌキです(笑)。分刻みの移動の隙、夕食の待ち合わせの僅かの時間を衝いて、ちょこちょこ動いてみました。
まずは名古屋駅に着いたときの、駅前のトヨタ本社ビル。ここに何千人もの社員が大陸移動するといって名古屋では大騒ぎだったよう。社員の住居のマンション建設ラッシュや消費拡大など、万博からこのかた名古屋の景気は天井知らず? 駅も数年前から高層ビルに様変わり。帰りは新幹線でしたが東海道新幹線は引っ切り無しに着発。山をはさんだ日本の南岸は地球の裏側のようでした。
Ricoh_136s 夕方、栄の交差点で下ろされて、待ち合わせまでの時間、「ロボットミュージアム」から。ここはトヨタをはじめロボット研究先進国?名古屋ならではのスポット。最近はやりの自立歩行ミニロボットの紹介や販売、再生品を使ったデザインロボットの展示、昔のTVヒーローロボットの展示などがありました。有料エリアはなんだか子供向けのような気がして入りませんでしたが、なにしろ前日まで30度後半の猛暑(この日は朝までの雷雨ですこし気温は下がってた)、涼みたいのが優先でした。
Ricoh_141s そういえばこういった2足歩行のミニロボットは、最近いろいろな種類が出ていて、手頃なのがあったら是非欲しいと思ってましたが、値札を見てびっくり! 10万単位はしてます。やっぱりそれなりはしますね。もちろん組み立てから必要なキットに、どれだけ時間をかけられるかわからないのでヤメました。学研のお茶汲み人形も、買ってもまだ作ってないですしね。

Ricoh_133s そこから歩いてすぐだったし、まるで登って来い、と言わんばかりの「名古屋テレビ塔」へ吸い込まれるように向かいました。中腹の展望台まで約90m、600円也です。
平日の夕方ではもちろん人はまばら。夏休みなので1組だけ親子連れが居ましたが、いつもこういった塔に登る料金は高いなと思ってましたが、こういうガラガラな時間帯もちゃんと案内のレディがエレベータの前後に配置されていて、やむないのかなと・・。ここも「クレヨンしんちゃん」の映画みたいに外周りの階段がありますが、東京タワーでは階段もエレベータと同じ料金だって知ってました? ここは確認しませんでしたがたぶんそうでしょう。

Ricoh_147s 展望台から都会のビル街を睥睨。よくNHKの東海地方ニュースで見る図ですね(これは北向きだから違うか)。名古屋は海の南側以外は遥か先に山すそが見え、そこまでずっと平坦で建物が続くように見えます。東京とはまたちょっと違うけど、向こうは高いビル群や意外に起伏がある土地だけど、ここはずっと平坦に感じられます。織田信長が400年後にこうなると想像できたでしょうか。

Ricoh_164s テレビ塔の下に見えたフシギな空間に下りてみました。大丈夫、まだ少し時間がある。
ここは「オアシス21」というらしい。楕円形のガラスの屋根に水が張ってあり、その下は憩いの空間。周りはショッピングセンターにバスターミナル。暑いこの時期でも、一息つくにはピッタリの場所のよう。ここも万博に合わせたのかな。大規模なイベントがあると地元の街は今までに見たこともないような、先進なスポットを作りがち。新幹線を目前にした金沢駅のもてなしドームとかもそう。そうやって街はまた変わっていくものとつくづく感じさせられました。
さて、ここで仕事の内容を手帳に控えて、もう時間なので待ち合わせに向かいます。

|

« 夏休みの最後はやはりダム! | トップページ | 金沢城石川門太鼓塀「解体修理現地説明会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの最後はやはりダム! | トップページ | 金沢城石川門太鼓塀「解体修理現地説明会」 »