« 100名城「川越城」には入れず! | トップページ | ミニ玩具「日本の名城」第三章 »

2007年6月29日 (金)

「ガンバレ!石川ミリオンスターズ」

Img_50020s_1 野球の「北信越BCリーグ」が始まってかれこれ2ヶ月。1/4ほど消化して最近は雨中も多いけど、ここまでのリーグり現況はどうか。今日は石川県中小企業同友会の支部例会に、会社の先輩に付き添って一緒に参加。「ガンバレ!石川ミリオンスターズ」と題してミリオンスターズの端保社長をお招きして講演を聴きました。
仕事が押して途中からの参加でしたが、現在のリーグや石川チームの問題点やギモンに思っていたことなどを質疑交えて一通り確認できたので、非常に有意義でした。
地元開幕戦や二戦目を観戦した僕としては、そのころ観客数も4000人ほどだったのに、だんだん2000人・1000人と減って、今では数百人のていたらく。特に石川は4県の中で一番少ない。年間運営費試算が1億8000万円で現段階で確保できたのが1億1000万円。スポンサー集めもまだまだ必要ということで、問題山積のようです。そんな中で僕らが他球団と比較してもギモンに思えることを忌憚なくぶつけてみました。
まず、石川県立球場の試合がほぼすべて遅い19時開始。日曜の夜など来いというほうがムリ、っていう状況はどうしてか。予想の範囲でしたが、県内観客の呼べる球場は5箇所、週末の日中はすべてアマチュアに占められている。アマが完全に球場を去らないとプロは入ったらアカン!と協会のきついお達しとか。どうしても19時になるらしい。県立球場の使用料もプロ扱いで当初高いプロ野球と同じ価格を提示されてたのを、なんとか知事決済で1/4にしてもらったのがやっとのようです。アマから見ればプロ、プロから見ればまだまだ未完成な零細企業。地域密着、活性化の一翼を担う理念で立ち上がったものを、自治体は通り一遍の対応であまりに冷たいです。他県に比べても県民の盛り上がりの弱さとともに厳しい現状です。
観客を呼ぶ対策として無料券を配布するなどオープンなサービスは? 実は北信越の前に反面教師となる四国リーグについていろいろ研究。四国の失敗の二の轍を踏まない、と硬い決意のよう。四国は安易にサービス券をばらまいて、有料観戦の価値を貶めて収益確保に失敗したそうです。また選手たちも、給料は同じ15万ほどですが、四国はシーズン中だけの契約、オフは勝手にしろというスタンス。北信越は派遣会社と提携して仕事先を斡旋。不安を解消させるケアがあり、四国からも多くの選手が北信越にやってきました。
地元の選手を多く獲得していったら? 実はトライアウトでリーグで100人選抜。その中で地元の選手を優先に獲得してからドラフト。石川・富山は地元民は5人ほど、新潟・信濃は15人も居るそうです。実はここが2強2弱になった分かれ目。100人の選択の中で、新潟・信濃はボーダーライン上の選手も地元優先で推薦、石川・富山はそのへんシビアに実力で選んだようで、結果、今の成績(石川・富山の首位争い)になっているわけ。
集客などのためメディア戦略は?松井秀喜などにアプローチしたの? もちろん、シーズンオフの松井にアタックするためにニューヨーク行きも計画。しかし知り合いの番記者に止められた。NYの松井は分秒争う人気者。記者たちも僅かの接触で話を膨らませていつも記事にしてるらしく、秀喜へのアタックはまずムリらしい。そこで松井パパに協力を申し込むも、希望の半分も訴えられず、後援会に参加してもらうのがやっと。まずは秀喜にも認知してもらえるほどこちらが話題にならなければ、というところ。
その他、こちらがまだまだ努力の余地があるだろうと思ったことも、裏話まじえたご苦労の様子をうかがうと、ホントにいろんな可能性を試しているけれど、各所折衝の多忙の中、少人数でこなせていない、という実情が見えました。石川は県民性からも、ファンの方からのアプローチがなく、球団職員だけでは限界があるようです。観戦もそうですが、外部からの質量の応援、自治体の後押しなどもまだまだ薄いように感じました。我が県のチームとして永い存続を願うなら、なんとかファンの手で後押ししたいですね。僕もちょっと考えたいです。

|

« 100名城「川越城」には入れず! | トップページ | ミニ玩具「日本の名城」第三章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100名城「川越城」には入れず! | トップページ | ミニ玩具「日本の名城」第三章 »