« 一週早い「百万石まつり」 | トップページ | 「紅天女 能登に捧ぐ」 »

2007年6月 4日 (月)

「ナスカ展」はオドロキがいっぱい

Img_51748s 南米ペルーの世界遺産、「ナスカ」の展覧会が石川県立美術館で開催中。早速行ってきました。
一口にペルーの古代文明と言っても数多くあり、ナスカは紀元前後数百年、南部海岸の砂漠地帯にある。ナスカはもちろん地上絵で有名だが、人や動物などをかたどった、さまざまな形の土器も多く、そのほとんどは今でもキレイに残るほど見事に彩色され、中には現代のマンガにも通じるようなおどけた表情の作品もあり驚かされる。また子供や大人のミイラも展示され、眼球も残っていたというからビックリ。神秘さがいやおう増した。
さて地上絵だが、その規模は今まで想像してたのと全く違った。800平方キロもの広大な砂漠の平原に、数多くの意匠が描かれている。描くといっても、小石が敷き詰められているような砂漠表面に、その石を取り除いて砂を露出させ、溝のように見えるラインが絵の線になっている。いろんな説があるようだが、やはりただ人間が地上から見ただけではここまで表現できないと思うんだけど・・。
展示会でも大画面シアターがあったけど、CGであたかもセスナに乗って上空からじっくり見てるようなDVDを買ったので、時間のあるときにゆっくり見ることにしよう。
6月24日まで開催してるので、お近くの方はぜひ必見ですよ。

|

« 一週早い「百万石まつり」 | トップページ | 「紅天女 能登に捧ぐ」 »

コメント

ナスカのバンダナですね。お任せ下さい。木曜は囲めるのかな?

投稿: 河内の麻雀 | 2007年6月10日 (日) 03時13分

21世紀美術館のある広坂交差点。兼六園と石浦神社の間の坂道を登っていくと、登りきった右手が県立美術館です。
もし弊社へ来る前に行かれるなら、ショップでナスカのバンダナ1枚買ってきてもらっていいですか?

投稿: joker | 2007年6月 9日 (土) 18時06分

ナスカ展覧会・・・。いいですね。石川県立美術館って何処にありますか?

投稿: 河内の麻雀 | 2007年6月 9日 (土) 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一週早い「百万石まつり」 | トップページ | 「紅天女 能登に捧ぐ」 »