« 「多摩川台古墳群」inタモリ倶楽部 | トップページ | 「ガンバレ!石川ミリオンスターズ」 »

2007年6月27日 (水)

100名城「川越城」には入れず!

Img_53721s 記事更新が遅れてましたが、週末に立て続けで出かけていて、平日はあまり時間が取れず遅くなりました。先週末は夜行で出かけたため朝時間があったので、日本100名城のひとつ、川越城までやってきました。
川越城は丁度今、大河ドラマ「風林火山」の舞台、上杉と北条の激戦の地としても出てきました。今年は彦根城など、築城400年祭の城が各地でありますが、ここ川越城には550年祭の幟が。太田道灌が築城して以来、江戸時代には譜代の大名が立ち代り入り、「小江戸」と称されています。本丸御殿の一部が今も残っていますが、あまりに早く着いたため入館はあきらめました。せっかく先週100名城のスタンプ帳を手に入れていたのに。
Img_53759s やむなく市内を散策。なんやかやと5キロ以上歩いてしまいました。朝とはいえ梅雨の晴れ間のピーカンな日に、早くも汗だくに。富士見櫓跡から成田山、喜多院と廻り、有名な「蔵造りの街」へ。電柱を廃しすっきりとした街並は、古い蔵の商家が並びます。てっきり江戸時代のしわざと思ったのに、明治になって大火があり、蔵は焼けなかったことから皆商家が蔵造りに変えていったのが成り立ちだそう。「小江戸」ではないですね。でもシャトルバスや景観的に統一した家並など、観光に対して徹底したところは、学ぶべき点も多いなと感心しました。
Img_53772s これは有名な「時の鐘」。さっきの通りから一本東に入ったところ。400年前から街に時を知らせていたそう。今でも6時・12時・15時・18時に鐘を鳴らしてるようだが、昼まで待てません。
早朝には人が居ないのかとひっそりとした通りも多かったけど、9時ころになるとチラホラ観光客も見えてきました。でもお店はだいたい10時開店。まだ街をぐるぐる歩いてるだけで、早くも疲れてきました。





Img_53800s 10時開店の「菓子屋横丁」。昭和初期から駄菓子の製造・卸などを数十軒がしていたそうです。テレビにも何度も取り上げられてるみたいで、フランスパンのような大きな麩菓子は「でぶや」の石坂がくわえてる写真が各店で展示してました。
夕べ偶然列車の中で見ていたビデオpodcastで日テレの「ぐぐっとジョブ」が、この川越の飴屋さんを紹介。昔ながらに店内の奥の工場で飴つくりをレポーターが体験。そこで僕もお店に入り飴を購入。ご主人にipodの映像をお見せしたところ喜んでいただけました。
このあとは疲れたので駅へ直行。東武東上線に揺られて都内へ。

|

« 「多摩川台古墳群」inタモリ倶楽部 | トップページ | 「ガンバレ!石川ミリオンスターズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「多摩川台古墳群」inタモリ倶楽部 | トップページ | 「ガンバレ!石川ミリオンスターズ」 »