« 「石川ミリオンスターズ」地元初勝利! | トップページ | 「能登」の列車旅 »

2007年5月 6日 (日)

湖東の旅[城と鉄道めぐり] 3

Img_50468s 湖東の旅、最後は長浜に寄ったよ。何度か仕事で来てるけどプライベートでは初めて。長浜は鉄道関係でも歴史あるポイント。駅も近年橋上駅に建て替えられ、西口はまだ整備中。彦根・米原と近代的なイメージにガラッと変わってしまった。それでも今から訪れる現存する旧駅舎の雰囲気に合わせたデザインに工夫されている。

Img_50305s 駅に程近く、「長浜鉄道スクエア」。ここは現存する日本最古の駅舎、旧長浜駅と博物館の「長浜鉄道文化館」、そして2003年7月に開館した「北陸線電化記念館」をあわせて「長浜鉄道スクエア」としてオープン。
東海道本線は最初、大津・長浜間を琵琶湖汽船で渡っていた。長浜はその東の基点として栄えたのです。しかし早くも1889年の全線鉄道開通の折にはルートを換えられて今では単なる通過駅となっている。
Img_50299s しかし近年には、直流電化の東海道本線と交流の北陸本線とのデッドセクションとして脚光も浴びました。平成3年に、田村から長浜まで直流区間が伸び、大阪方面からの新快速の終点として利便が図られたのです。しかし去年それも敦賀まで伸びたのですが、長浜駅ではおもしろい線形が組まれることになりました。
写真は日本初の実用交流機関車ED70 1号機とD51 793号。昔は交直流のデッドセクションは蒸機が牽いていました。

Img_50307s さてこんどは長浜城へ。ここは復元というより創作天守で、昭和57年に戦国時代の天守を模して博物館を建設。徳川の世になって秀吉ゆかりのものは徹底的に破壊されたので(部材は前述したように彦根城などにも使われた)、こういった城があったかどうかもわかっていない。
内部はコンクリート造りで大阪城のミニタイプといった感じ。展示も湖北の当時の様子が窺えておもしろかった。
下からの写真で雲がうまい具合に天守を映えさせているでしょう。創った天守のわりには気に入りました。金沢城天守も少ない史料の中、忠実さを守ろうとするのもいいけど、ある程度創作しないと再建はおぼつかないように思うが・・。



Img_50341s 最上階の望楼からの見晴らしもよかった。やはり少し霞みかかって遠くは見られないが、さっきまで居た彦根城がかすかに望める。このへんはのどかで住まうにもよいところだな。
しかしのんびりはしていられない。駆け足で古い時代を懐古した街並、「黒壁スクエア」へ向かう。だがこのころには僕の左ひざはもう折れんばかりに激痛がはしっていた。足を引きずって街へ。
Img_50351s 旧北国街道ぞいのこの一角で明治時代の銀行の壁が黒壁だったことから「黒壁銀行」と呼ばれた建物を改装した「黒壁ガラス館」を中心に、古い町並みを再現して観光客を呼んでいる。その真ん中に黒ならぬ「白壁」の異色な建物、「海洋堂ミュージアム」だ。食玩のフィギュアで一般にも名を馳せた「海洋堂」のここはほぼ全ての作品を網羅している。実際ここが子供から大人まで一番集客して混雑していた。ダイキャストのガレージキットの時代からソフビ、そして食玩まで、商品化されたキャラクター作品やその造形師の紹介、またここに展示するために造った大型の恐竜や動物など、スミソニアン博物館をはじめ各地の博物館に採用された実力をここで間近に見ることが出来る。
Img_50377s 僕もガレキのころからお世話になっている。今もソフビのビオゴジなどが自宅のショーケースに居る。当然自己塗装だ。
近年は塗装済みキットが手ごろな価格で大量に販売されるようになって一気に広まった。食玩の勢いもあるだろう。なにより一般化したのが大きい。こんな博物館を建てて大勢の来客があるようになるなど、当時は想像もつかなかった。
1階のショップでまたも食玩などいろいろ買ってしまった。20cmの川本三国志の武将たちは9,250円もしてたので断念した。孔明はやはり売り切れていたし。Img_50492s
ようやく帰路につくため長浜駅へ。しかし急ぎすぎたか次の特急まで1時間もある。北陸方面への接続はあまりよくなさそうだ。いい例がこれ。せっかく敦賀まで直流になったのに、手前の近江塩津まで直通する新快速は極めて限られる。敦賀からの新快速は湖西線廻りだ。
そこで長浜始発の近江塩津行きの2両編成、小浜線でも使われている125系がこの区間だけ走ることとなった。ここはそのための頭端ホームである。こういった近代的な新製車はやはり直流区間だけだろうか。ならば早く新幹線が繋がってほしいものだ。

|

« 「石川ミリオンスターズ」地元初勝利! | トップページ | 「能登」の列車旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「石川ミリオンスターズ」地元初勝利! | トップページ | 「能登」の列車旅 »