« バラの名前わかりますか? | トップページ | 一週早い「百万石まつり」 »

2007年5月29日 (火)

カキツとダム

Img_51442s バラの後はカキツバタを撮りに兼六園へ。県民無料デーに初めて無料で入場した。前回は先に料金払っちゃったんで掲示に気づかなかったけど、もう少し大きく書いて欲しいね。
兼六園内のカキツは是からが盛りという話だが、咲いた株はこの陽気で一気にしおれかかってるし、まだの株は全然ツボミの気配もない。一斉に咲き乱れる様子はまだ先かも知れないが今日はちょっとガッカリ。

Img_51449s それでも大勢の観光客は、まぁキレイ! と感嘆なさってたが、他所ではいろんな種類のカキツで華やかだろうに、ここは1種しかないしまだまだの状態で申し訳ない・・、って心の中で頭を下げてました。
GW後の新緑を迎えるシーズンだが、観光には端境期のような気もする。それでもたくさん観えられてるのは、能登半島地震にもかかわらずありがたいことです。欲を言えば今年一年続けて多くの方に来てもらいたいですね。

Img_51461s ところでこのあと雲が多くなってきたが、以前から気になっていた「医王ダム」へ向かうことにした。
ここは医王山麓の北側、角間の金沢大学を抜けた県道金沢・井波線の最奥、森下川(もりもとがわ)に平成12年に造られたロックフィルダムだ。最近は単にそう言わず、中心コアー型フィルダムというのかな。

Img_51472s 堤長208.2m、堤高58.8mの中規模ダム。県営で灌漑と防災に利用している。
いつのまにこんなダムが出来てたのか知らなかった。この道は金大が移転完了する前、約20年弱前に通ったきり。全然整備されてなくて山道をくねくね越えた記憶がある。県境を過ぎたら突然富山県側はきれいな道になっていて、不満だったのを覚えている。今はここに来るまでも、ほとんどが快適な立派な道になり、むしろ傾斜でスピード出すぎないか心配するほどだった。
灌漑・防災と言いながら、森下川はそんな大きな川でないのに、この大規模な施設には地元の賛成・反対、どんな反応があったのだろうか。犀川の辰巳ダムのようなことはなかったか気になるが、もう10年近く前のことである。以前からそこに居たかのように、医王ダムはどっしりとそびえていた。
Img_51474s こんな日にこの山奥にダム見学しにくる物好きなど、他にはいないのか、居る間中この広い空間、僕ひとりだけだった。やはり僕の行動形態は他人とは違うマイナーなもののようだ。ダムを多角的にバシバシ撮ったから、監視カメラでもあったら不審人物と思われてるかも。
でもこんな身近に立派なダムがせっかくあるのだから、市内の学校とかで社会見学などしてもらいたいものだ。犀川ダムは道がきつくてちょっと不便だしね。

|

« バラの名前わかりますか? | トップページ | 一週早い「百万石まつり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラの名前わかりますか? | トップページ | 一週早い「百万石まつり」 »