« 「金沢駅西口ビル」オープン! | トップページ | バラの名前わかりますか? »

2007年5月27日 (日)

「Good books for all」!

Img_51257s 現在世界最古の現役客船という、「DOULOS」(ドゥロス号)が金沢に入港した。週末は大勢の見学客が訪れるというので早速行ってきた。
この船の特徴は世界最大の船上書店。1914年(大正3)に貨物船「MEDINA」としてアメリカで造船されたこの船は、第二次大戦を沿岸警備隊に徴用され、後に「ROMA」「FRANCA C」と持ち主や船名も数度変わって豪華客船として生まれ変わるなど数奇な運命をたどり、現在はドイツの非営利慈善法人「GBA」(Gute Bucher fur Alle)が所有。
Img_51241s 国際親善と文化交流を目的に運行し、約50ヶ国から350人のボランティアスタッフが乗船している。上記ドイツ語は(Good books for all)という意味で、甲板上1/3を占める大型書店では、児童書や美術書をはじめ、約6,000タイトル50万冊の洋書が並び、子供連れなどたくさんの人で溢れていた。
なるほど船内は一般客船とは違い、ツアー客が世界を巡る、といったような雰囲気ではなかった。
Img_51189s この書店では世界各国の訪問でもスムースに買い物できるように、UNITという単位で価格表示していた。日本円では1UNIT=3円とされ、つまり100UNITSは300円だ。
もちろんほぼ全部英語で書かれたものだが、洋書にありがちな、分厚く粗雑な紙で文字しか書かれてない淡白な本より、薄くてビジュアルで見せる(子供にも読みやすい)本も多かった。最近英語を習い始めただれかさんのお土産に何冊か購入。
Img_51222s 船室のフロアではステージもあって交流イベントなど、これから始まりそうだった。意外に普通のおじさんおばさんなんかもテーブルに座って、外人スタッフと話しかけてる。引っ込み思案の僕としては遠慮させていただこう。
なかなかに珍しいこの船は、来週末の「百万石まつり」にスタッフが踊り流すというので、それまで滞在しているので、ぜひみなさんも体験してみてください。

|

« 「金沢駅西口ビル」オープン! | トップページ | バラの名前わかりますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金沢駅西口ビル」オープン! | トップページ | バラの名前わかりますか? »