« うわさの「コミックガンボ」を手に入れた | トップページ | 紙芝居の中の怪獣 »

2007年4月 8日 (日)

今年の金沢の桜!

Img_47100s 土曜日に街に桜を撮りに行った。ちょっとくもりがちだったけど、夕方から21世紀美術館の講演会を観るための合間に、昼で終わった仕事のあと急いで帰ってからチャリで出直し。日曜まで無料開放の兼六園の前はすでに大勢の観光客などで賑やか。んで僕は金沢城から入ることにした。
といっても途中までは兼六園側の登り道、満開の桜のトンネルから辰巳櫓下石垣(本丸南東隅から四段の石垣)を撮る。広坂から注目度一番のここに櫓が建つのはいつの日か?熊本城では全ての櫓が復元中というのに・・。





Img_47125s 昨日までぐずついていて気温も低かったので、まだ総じて満開とはいかない。明日もいい天気のようだし、明日の午後は一番の見頃をむかえるのだろう。今日はまだ雲も多く、桜もより白く見えてイマイチ。
石川門の櫓の漆喰は風雨に汚れてちょっと景観を損ねているがこれも近年に修復する予定。
Img_47139s 鶴丸倉庫を下から見上げる。この建物は日本の城郭内の建物として現存するのはきわめて希で、しかもこの大きさや二階建てというのはここが唯一である。石川門や三十間長屋は重要文化財となっているが、これは明治になってから旧陸軍が建てたという説もあったりして全く注目されていなかった。金沢城周辺を世界遺産に、という動きもある中で、鶴丸倉庫の存在意義を高め、重文認定への働きかけもこれからである。よく視ると屋根と壁の間に隙間があり、風通しよいようにしてある。
Img_47150s 金沢城菱櫓・五十間長屋と桜。観光客で賑わう三の丸広場で一際目立つ古木だが、桜などは後で植えられたものも多い。
構図は安藤広重を真似てみたがどうか・・。












Img_47160s 前にも書いたが、ほれこのように、金沢は普段でも和服の女性が街を歩いている。
この石川門から兼六園への百間掘通りをまたぐ道から眺めおろす、通りの両側の桜は圧巻だ。ただ本日は満開とは言えず、昨年満開時に撮った写真を最後にお届けする。









Img_34246sl

|

« うわさの「コミックガンボ」を手に入れた | トップページ | 紙芝居の中の怪獣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うわさの「コミックガンボ」を手に入れた | トップページ | 紙芝居の中の怪獣 »