« 今度はしっかり積もったよ。。 | トップページ | 甦る?「辰巳櫓」 »

2007年3月 9日 (金)

新刻「日本輿地路程全図」

Img_46155s 久しぶりに古地図を求めました。最近は金沢でも売っている書店があって便利です。勢い余ってちょっと奮発したのが、新刻「日本輿地路程全図」。復刻版でも4,000円するこの図は江戸後期の全国地図のスタンダード。安永7年(1778)原刻、天保4年(1833)四刻とあり、長きに亘って利用されていたのがわかる。
伊能図とは比べるべくもないが、それまでの全図よりは飛躍的に正確になり、経緯線が初めて描かれたのも特徴だ。また国別に色分けされ、郡名・主な村名もあり、昭和時代の図と比較すれば、かなり地名の比定もできよう。水戸藩の地理学者「長久保赤水」の作で「赤水図」とも言う。後年の改正版が、シーボルトによって国外に持ち出されたことでも有名だ。
自然色奉書に復刻印刷されているが、細かい文字なども楷書明瞭で読みやすい。版形もかなり大きく(897×1376)、4,000円の価値も充分ある。伊能図はその正確さから国家機密だったから、庶民はこの図を正しいと認識し、明治期まで長い間日本列島はこの形と思われてたろう。そういった意味でも手元に持っていたい1枚である。

|

« 今度はしっかり積もったよ。。 | トップページ | 甦る?「辰巳櫓」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度はしっかり積もったよ。。 | トップページ | 甦る?「辰巳櫓」 »