« 「平成19年能登半島地震」の地殻変動 | トップページ | 球春来訪!! »

2007年3月31日 (土)

「能登半島地震」その後

「能登半島地震」のその後だが、余震は回数も少なくなってきているが、1週間は気を抜けないということなのでまだ不安は拭えない。余震の間に倒壊した家も多くガケ崩れの危険も続いている。しかも明日午前までのこのまとまった雨で地盤の緩みも気になる。そのため家に入れずまだ大勢の方が避難生活をされています。
被害の範囲も七尾の田鶴浜-志賀町のラインから北部に広範囲に亘って建物・道路が崩れたようだ。300棟の住宅が倒壊し、なんらかの被害を受けた住宅も約2000に及ぶ。学校なども耐震設計かどうかで、距離の遠近に係わらず被害に逢っている(震源域からわずか1キロでも、耐震補強でビクともしなかったり)。全国の学校のうち4割ほどしか耐震基準満たしてないようですよ。
しかし序々に水道・道路などライフラインも回復してきているし、各地からボランティアの方々も来て頂いて、少しずつ明るさは取り戻せているみたい。ただ、お年寄りの多い過疎地、長引くといろいろ影響はこれから出てくるところか。自治体も正直かなりの負担増になるはずだし、旅館など観光地も、個々の復旧より地域全体の復興なくして観光客は呼べないだろう。
全国のニュースで毎日トップクラスで伝わっているかと思いますが、地元にいると遠方ではわからない(必要ない?)情報も綿密に報道されます。特にNHKは痩せても枯れても公共放送、番組の合間を縫って生活情報も教えてくれます。どこそこの浴場施設がいつ何時無料開放してるとか、自治体ごとの災害ゴミの収集予定とか。特に「罹(り)災証明書」(災害の被害を受けたことを証明する書類で、自治体の役場や出張所で発行されます。保険会社に保険金を申請するときや、行政の支援を受けるときに必要になる大切な書類です)が自治体によって申請方法が全然違うんですね。ここでも行政の力の差が歴然として、人口の少ない過疎地では住民も手間隙がかかってしまいます。
人口といえば、今回中央政府の対応が手厚いのかどうか見ものだと思います。被害エリアは広範囲なのに、過疎のために被害件数は少なく思えるかもしれません。実際、「一人しか亡くならなかった」なんて表現をした大臣が居たとかいないとか・・。統一地方選とも重なり、冬柴国土交通相が来たのはやっと5日後の昨日。まだ策定中とはいえ、激甚災害の指定もされるのかどうかはっきりしません。安倍首相は果たしてくるのかどうか?
いずれにしても、一日も早く安寧な日々が訪れるのを祈るばかりです。

|

« 「平成19年能登半島地震」の地殻変動 | トップページ | 球春来訪!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「平成19年能登半島地震」の地殻変動 | トップページ | 球春来訪!! »