« 新旧 中央線! | トップページ | 台場の夜景いろいろ »

2007年1月26日 (金)

世田谷区縦断!

Img_41829m 武蔵小金井から戻って、時間まで普段乗る機会のない路線を通ろうと思って、吉祥寺から京王井の頭線に乗った。
ここは北陸鉄道の内灘線に譲渡された3000系が昔走っていた路線だ。写真の現在の1000系は20m級で他の路線の車両と遜色ないが、3000系は18m級。日本で最も旧い部類にはいるステンレス車だがコンパクトで狭い内灘線にピッタリだった。
路線延長わずか12.7kmの井の頭線は成り立ちも特殊で乗り入れのない独立路線。駅間1km未満も珍しくなく、各停でも24分で走破する。
Img_41834m

元々小田急電鉄系列でスタートした井の頭線はその名残として、小田急と立体交差する下北沢では乗り換え通路に改札がない。戦時中政策により大東急として合併し、戦後の解体で京王電軌に組み入れられた。井の頭線は開業時「帝都電鉄」という社名であったため、京王はつい最近('98)まで「京王帝都電鉄」が正式社名だった。
この短い路線を「明大前」で乗り換え、京王本線の隣駅「下高井戸」までいって、今度は東急「世田谷線」に乗る。

Img_41836m

東急「世田谷線」はよりコンパクト。都電荒川線と並ぶ都内唯2の軌道線である。駅間もとても短く、スピードも都電より遅いくらいだ。99年より導入された写真の300系は2両連接で、全線140円均一料金。LRTに乗る感覚だ。3月から始まる「PASMO」パスネット、バス共通カード、Suicaが共通で使える) 用の機械も料金箱に準備されていた。
ある意味チープな路線だが、今日のような休日ともなると全線で混雑、都内はどこに線路を引いても赤字など考えられないのじゃないだろうか。
Img_41848m_1 まだこの後「大井町線」などにも乗りたかったが時間がなく、やむなく三軒茶屋から地下鉄・ゆりかもめで現地へ向かった。ハンパにあまった時間で「日本科学未来館」の外観を撮影。例の毛利さんが館長をしているところだ。近くには何度も来ているのに、中に入れるのはいつの日か・・・。
さらに肝心の人はこのあと大遅刻するし・・・。

|

« 新旧 中央線! | トップページ | 台場の夜景いろいろ »

コメント

偶に写真は撮ってますが・・・。携帯ですので、もうひとつですね。

投稿: 河内の麻雀 | 2007年2月 2日 (金) 23時59分

河内の麻雀さん、コメントありがとうございます。
河内・・さんこそあちこち飛び回られて、うらやましいです(まぁお仕事でしょうけど)。いかれた先で写真を撮られると、心和むと思いますよ。。

投稿: joker | 2007年1月27日 (土) 10時45分

写真がいいですね。なんか自分も行った気分になれそうです。今日、九州から帰りました。

投稿: 河内の麻雀 | 2007年1月27日 (土) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新旧 中央線! | トップページ | 台場の夜景いろいろ »