« 「武蔵国全図」 | トップページ | スローライフな地方私鉄の旅 »

2006年12月 2日 (土)

バラエティ マンガ書評 ⑥

いよいよここ北陸に冬将軍がやってきます。一日冷たい雨模様で、早速タイヤ交換しました。明日には雪がいつ降ってもおかしくありません。雪の心配がないところがうらやましいですね。
そんなこんなで、外に出ずにすむように、しばらくマンガのことでも・・・。
少女マンガの神様、「萩尾望都」「バルバラ異界」が第27回日本SF大賞に決定したそうです。萩尾望都は第二期作品集のころから読み漁ってましたが、とくにSFストーリーに秀逸なものがあり、少女マンガの枠を完全に超えていました。今でも完成度が高く、他の追随を許さないものに、「11人いる!」「百億の昼と千億の夜(光瀬龍原作)」「スター・レッド」「銀の三角」など挙げるとキリがありません。
そんな彼女も「マージナル」以降は現代劇のしかもバレエなどを主題にしたものや「残酷な神が支配する」などホモセクシュアルの重たいストーリーなどが続き、惰性で「残酷・・」を購入していましたが男には正直つらいものがありました。それで「残酷・・」終了後しばらく離れていたのですが、なんとSF大賞を取ったというニュース。「バルバラ異界」は久しぶりのSF大作の様。しかし連載は昨年既に終わっていて、単行本も4巻まで。全く無警戒でした。いまからチェックして完読します。まだまだ萩尾パワーは健在ということですね。これからも楽しみです。

バルバラ異界 (4) Book バルバラ異界 (4)

著者:萩尾 望都
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

残酷な神が支配する (10) Book 残酷な神が支配する (10)

著者:萩尾 望都
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「武蔵国全図」 | トップページ | スローライフな地方私鉄の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「武蔵国全図」 | トップページ | スローライフな地方私鉄の旅 »