« やばい!熊情報!! | トップページ | 鈴鹿ラストのF1観戦記 ① »

2006年10月 7日 (土)

F1予選!

明日いよいよ鈴鹿に向かうが、今日は予選をTV観戦。ノックアウト方式の予選を初めて見たが、結構のめり込める。チームの実力に合わせてアタックの場面や作戦が違うので、今までより数倍楽しめた感じ。
スーパーアグリは第2セッション進出が期待されたがやはりザンネンな結果。特に山本は一周も走れなかった。決勝は二人とも完走を望む。そしたら撮影チャンスも多いだろう。
第一、第二セッションと打って変わって最終セッションの10台の走りは、そのまま決勝スタートの給油量やタイヤに繋がるので、全く違った15分走りこみになる。シューマッハがピットアウトから先頭を取って、全台スタートのイキオイはまるで決勝のようなランだった。そこではやはりフェラーリパワーが他を群を抜いて早いものだったが、最終アタックでマッサがポールを獲得。同じブリヂストンのトヨタの2台が後に続き、上位8台がきれいにチームごとに分かれた。来年からワンメイクになるタイヤ戦争の最後の鈴鹿を飾るべく、BS陣営の意気込みは見事予選で花開いた。決勝ではどうなるか?
そんな中で、終始アロンソは精彩を欠いた様だ。チーム批判ともとれる発言は一体感を弱め、シューのラスト2戦を盛り上げるフェラーリチームと対照的に写っている。どうやらもう二人の決着はついた感じがする。鈴鹿ディフェンディングウィナーのキミ様もパッとせず、第二セッションで消えた。トヨタホンダの4台がベスト10に残り、2列目・4列目に陣取るが、鈴鹿のラストでぜひ「君が代」を聞かせて欲しい。
久しぶりに昼のテレビで盛り上がったF1、明日の天気も大丈夫のようだし、さて今日は早く寝て、鈴鹿に備えますか!!

鈴鹿の山を歩く Book 鈴鹿の山を歩く

著者:草川 啓三
販売元:ナカニシヤ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« やばい!熊情報!! | トップページ | 鈴鹿ラストのF1観戦記 ① »

コメント

せんべいさん、マシンが早すぎて写せなかったりして。どこに陣取るかまだわからないので、距離感がイマイチ把握できませんね。まぁそれも行ってみればわかるでしょうけど。
じゃ、頑張ってきます!

投稿: joker | 2006年10月 7日 (土) 20時12分

凄い結果でしたね。4位までがブリジストンですかね。タイヤ戦争も、今年でひとまずお預けですからね。
では、明日は、いい写真撮ってくださいね。

投稿: 草加せんべい | 2006年10月 7日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/3725272

この記事へのトラックバック一覧です: F1予選!:

« やばい!熊情報!! | トップページ | 鈴鹿ラストのF1観戦記 ① »