« 「医王山」登ってきました! ① | トップページ | 「金沢」ナンバー 取得! »

2006年10月16日 (月)

「医王山」登ってきました! ②

Img_34818s 夕霧峠の「奥医王山」登山口。山頂にある「医王権現」の鳥居と、300段の階段が迎える。これは結構きつい!一気に登りきるほど上がるのだが、出発前におじさまおばさまの一団が降りてきた。ということは登ったわけだ。負けてられないね。途中、小学校もまだの小さい女の子を連れた夫婦に会った。階段が終わればあとは楽なほうだが、その子が本当にこの階段を登ったとは思えない。多分抱いて登ったろうが、はたして・・。

Img_34753s 階段を登ってすぐに、イオックスアローザのゲレンデと、砺波の散村平野が望める!今の中学生の社会の教科書に載っているだろうか?砺波も加賀藩だったが、藩政期の名残とも、いろいろな説があるが固まっていない。砺波の人々はこの山を仰ぎ見て何を思っていたろうか。医王山は富山の山でもある。

Img_34761s やっとの思いで階段を登りきったころに、「見返りの大杉」という広見に出た(しかし杉はもうない)。金沢側を見る。さっき登った「白兀山」がもう彼方になった。その向こうに金沢市街。今日は青空も綺麗に晴れたが、東からの風が強く富山側から多い雲が早く流れる。おかげで彼方は霞む日となった。山の空気はもう冷たい。今年は冬になるのも早いだろうか?

Img_34778s 登りきりから一旦少し下った左側に、「龍神池」がある。石ノ森章太郎といえば「龍神沼」だよね。夏に撮ったろうガイド本は綺麗だが、今日の水面は落葉で埋め尽くされていた。ここまで来れば山頂も近い。
「奥医王山」の登山道は「白兀山」に比べれば道幅も広く人工丸太の階段もよく整備され、さっきの子供じゃないがここなら学校の課外授業もいけるだろう(「戸室山」より登りやすい!)。なにより平成になって林道が峠まで安全に整備されたのが大きい。

Img_34784s とうとう本日の最終目的地、「奥医王山」山頂に到着!やはり夕霧峠より30分である。標高939.13m。今日はこれ以上登らなくていい、と思ったら達成感より安堵感が先に来た。しかし思ったほど疲労してないぞ。
途中撮影したり、汗を拭きながら立ち止まってたわりには、ガイド本のペース以上で歩けてたと思う。

Img_34788s 「白兀山」より大きい展望台の下に「一等三角点」医王山があった。基準点コードは「TR15436661301」。へんな石版が隣にある。「福光」が医王山の標高を記念して、1993年に記念事業したって。標高939.16m。福光の(当時)郵便番号939-16。んで記念日を1993年9月16日。ゴロあわせだが、平成10年の福光町が建てた山頂標には939.13m、横の石積の記念碑には939.21m。どっちなんだいったい!

Img_34795s 展望台に登った眺め。周りの樹々の高さで遠くの眺望は少しさえぎられる。それでも向こうに見えるは「白兀山」の「大ザラ」。あんなガケそばを通った。山頂一帯はもう紅葉が盛んで(紅葉もあまり美しいと僕は思わない)落葉と日陰はまだぬかるみもあって滑りやすかった。

Img_34805s 山頂裏にある「白山医王大権現」の祠。雪に押しつぶされてひしゃげているらしい。応急処置でトタンの屋根を被せてあるが、もう冬も間近、ちゃんと直されたらいかがでしょう。
そろそろ下山する。登山は午前中に登って昼過ぎに下山するのが山の天気に合わせていいと、ドッかに書いてなかったっけ?ここまで全く足が痛くない。下りの急な階段も、ムリに早く下りなければ膝に来ないようだ。車社会の金沢より、これも誰かさんのおかげで毎月のように何処かで長距離歩くようになったからかな?
キツイ階段で登りの親子とすれ違う。高校生くらいの息子の方が早くも親よりゼイゼイ言っている。やっぱり若いもの(自分も含む?)の方が基礎体力ないね~。下りは20分くらい。


Img_34819s 下りは夕霧峠から林道を歩く。車を置いた「しがらくび」まで約2キロ。静かな峠道を熊鈴を高らかに鳴らして一人で歩くと、この山すそに我ひとり、と急に孤独感がやってきた。登山道を登っているときも、時折、なぜ今ここにいるんだろう?と思ったりもするが、どうもブログを書くためになっていて本末転倒なんだろうか。写真はさっきまでいた「奥医王山」。

Img_34834s やっとの思いで「しがらくび」駐車場に到着。夕霧峠から20分。足もなんとか保った。写真はここから登った登山道入口と、お世話になった登山用杖と熊鈴。マイバッグは見覚えある方も?
山登りはその空気がいいというより、眺望と適度な達成感を求めて始めた気がする。もちろん健康とブログのためもあるのかな。家に着いたら2キロ痩せてた。膝も痛くなっちゃった。たぶん少し焼けてるだろう。クマのこともあるので、今年は打ち止めかな?

|

« 「医王山」登ってきました! ① | トップページ | 「金沢」ナンバー 取得! »

コメント

山に今興味が復活したのは思い出しましたよ。地図好きで最近地形図を買いなおしたからでした。
いろいろ等高線と林道・登山道を眺めていると、あそこもここも行ってみたい、って気になりますね。地形を俯瞰するのも好きだから、高いところからの眺めは気持を高揚させます。
まぁ一気にそう高いところは望まず、順々にね。

投稿: joker | 2006年10月17日 (火) 00時16分

なぜ山に登るのか?
そこに山があるからですよ(笑)

やっぱり山頂に到着して下を眺めた時、ここまで自分の足で来た!という達成感はなんとも言えないですよね。。
そうすると、じゃあ次はあそこへ!となるんですね。

ボクの場合、自分の目標がよく見えなくなってきたな~、と思った時に登りたくなるコトが多いかな~。
そんな時、山を歩いて山頂に到着すると不思議とすっきりします(笑)

投稿: ☆みやび☆ | 2006年10月16日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/3817352

この記事へのトラックバック一覧です: 「医王山」登ってきました! ②:

» 超図解ビギナーズ ブログを作ろう!―基本操作から便利なテクニックまで図解でよくわかる。 Windows XP対応 |エクスメディア [副業在宅【公務員・サラリーマンの在宅副業ビジネス】]
ブログの基礎中の基礎から詳しく説明!初心者にはありがたい.... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 12時30分

« 「医王山」登ってきました! ① | トップページ | 「金沢」ナンバー 取得! »