« 犀川河畔の旅 辰巳ダム建設予定地 | トップページ | 「犀川」 補足 »

2006年9月 3日 (日)

犀川河畔の旅 27橋完全制覇

Img_32052s 今日も天気のいい週末。昨日のやり残し感と、去年の秋は週末雨続きだったことを思い、今日のうちに犀川の橋残り3橋を完全制覇することを思い立った。河畔の旅もこれでしばらくお休みするだろうから、もう少し最後までお付き合いください。
[水淵橋]。昨日の[相合谷橋]から1キロ下流。右岸の上辰巳1の集落から対岸上の水淵集落を繋ぐ橋。車一台がやっとだ。このあたりから崖上の主要道沿いの住宅地から一段下がった農地の集落と、それらを繋ぐ橋が続く。
Img_32061s 犀川の河岸段丘が顕著になる始まりだ。上流を見るとまだ両側は切り立った崖。一部相合谷のように広がったところもあるが、住宅や農地はない。段丘の下を利用しだすのは実質ここからだ。
しかしここで自宅のある中流域まで10キロも離れてないのだから、犀川はコンバクトながらも多様な景色を持ち合わせているなぁ。





Img_32070s 対岸を登っていくと、「水淵韻文学の里」というのがあった。このあたりの出身の5人の文学的賢人を表して碑が点在している。この2~3年の間に作られたらしい。全く知らなかった。「金子會政」「高橋久雄」「米山久子」「中西舗土」「森美楓」とある。特に「米山久子」氏は、戦後初の女性衆議院議員の一人として、女性初の代表質問をした人だって。今年の「金沢検定」に出るかな?
Img_32081s そこから上流から出来た新しい道を下ると、大きな立派な橋と出くわした。[ほたる橋]だ。平成12年架とある。この5年前後、犀川上流など全く見向きもしなかったら、いつの間にか新しい道や橋が続々と築かれていたのが気がつかなかった。新橋だけでも[犀川雪見橋][崎浦大橋]そして[ほたる橋]だ。旧い橋の架け替えも、わが[上菊橋]を始め、[辰巳橋][大桑橋]など。下流は新道がたくさん出来たから、より多い。[示野中橋][赤土橋]は新橋だし、[御影大橋][犀川橋]は架け替え。[若宮大橋]もわりと新しい。



Img_32084s [ほたる橋]は坂の途中にあるので、スリップ防止にゴム片が埋め込んである。しかしこの暑さからか、ところどころ外れて転がっていた。2つばかし記念にもらっちった。



Img_32111s いよいよ最後の27橋目、[辰巳橋]である。短いなんの変哲もない橋でちょっと盛り上がりに欠けた。辰巳町トと対岸の天池町を結ぶ。[ほたる橋]からここまで、なかなかの犀川ビュースポットがあり、夏休みなら子供たちが水遊びしてもいいだろうに、最近はそんなことする者はいないだろう。鮎釣りなら適してるか。

Img_32113s 橋の上から上流をのぞくと、いたいた、鮎釣りのおじいさま。
犀川の崖は街が近くなってきても高いままなのが特徴だ。中流域の寺町台も20m近い高さを持っている。








Img_32120s 橋を渡って先日行った「石川県埋蔵文化財センター」の下を廻ると、いままでとは違う別世界が広がっていた。犀川の支流「内川」が合流する地点の開けた空間に、「内川スポーツ広場」があった。駐車場に入りきれない路駐の車が連なっていてびっくりだったが、やはりここも存在自体知らなかった。子供がメインの遊びの空間のようだが、子供いないからね。
Img_32128s 別所へ目掛けて登ると、見えてきたので思わず車を降りた。[犀川の大三角]だ(自分で勝手につけた)。向こうから流れて90度折れ曲がる地点で、大きな三角州(直角三角形だ)を中心に流れが二つに分かれて、また左で合流する。崖と直角に向き合う場所だから自然とそうなったんだろうが、これを川原に下りて確認したいものだが立入禁止なのでダメである。
でも今日はいろいろ確認できて充分満足だった。

Img_32147s 蓮花町の稲穂が黄色く実った田で写した蝶。yamaさん、なんて種類でしょうね。今日は水淵でも蝶が乱舞していたけど、まさに「乱舞」だったので止まったところはやっとここで撮影できた。
9月になった途端、陽射しは強くても心地いい風が汗を掻かせなくなった。家から車で15分内外のところで、今の今まで巡らなかったのを、やっと廻る事が出来たのがちょっとうれしい。
Img_32155s やっと戻ってきましたよ。やはりこの中流域から医王山を眺めるビューが、自分には一番落ち着く景色だな。子供のころは、川原に見える人工的な芝生の空間は川床で、小石の川原が僅かに連なっていた。石を投げて対岸まで届くかと、跳ね石(水に投げて何度も跳ねるやつ)をよくやったもんだ。犀川とともに成長したのに、途中で遠くにいったもんだから、やっと今になってその姿のほとんどを観る事が出来た。駒帰から上流は、またの機会にします。

|

« 犀川河畔の旅 辰巳ダム建設予定地 | トップページ | 「犀川」 補足 »

コメント

yamanaoさん、犀川沿いに住んで、ん十年。本当に近場と、生活上交差する下流の方にしか活動しませんでしたが、地理が好きなくせに用のない場所には今まで行けておらず、やっと長年のモヤモヤが晴れた感じでした。十数年前より道路もよく整備され、山の方も行ってみようかな、という気になってきましたよ。「石川の山」の本も買いました。また今度教えてくださいね。

投稿: joker | 2006年9月 5日 (火) 00時13分

素晴らしいですね~!! ついに完全制覇ですか(^_^)
犀川はなかなか距離があるのでなかなかやろうと思っても実行できませんよ!

ちなみに蝶ですが…難しいですねぇw;
最近トンボや蝶の同定の正解率は乏しいのでw
タテハチョウ科のミスジチョウの仲間のいずれかだという事はわかるのですが…微妙な違いで種類が異なるのでこれだけしかわかりませんm(__)m

投稿: yamanao999 | 2006年9月 4日 (月) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/3307855

この記事へのトラックバック一覧です: 犀川河畔の旅 27橋完全制覇:

« 犀川河畔の旅 辰巳ダム建設予定地 | トップページ | 「犀川」 補足 »