« 美咲「めぞん一刻」 来春放映! | トップページ | 真夏の遺跡めぐり »

2006年8月17日 (木)

ギャグ「日本沈没!」

「日本沈没」、映画ご覧になりましたか?僕は結局行けませんでした。小松左京のこの作品は、30数年前のTVドラマ放映時は大きなブームになりましたね。鹿児島県だけ綺麗にぶくぶくと沈没した日本の映像が写ったときは、不思議でなりませんでした。今回の映画は昔と違ってCGも多用して迫力あるものとなってぜひ観たかったのですが、でも[昔の名前で出ています]的なものに、まだ日本映画が頼っている現実はちょっと嘆きますよね。
さて、今回の映画にマンガ界も実は盛り上がっていて(小松左京が実は最初マンガを描いていたって知ってましたか?)、この「日本沈没」をオマージュしたアンソロジー本が「徳間書店」から[日本ふるさと沈没]として発売されました。表紙を描いた鶴田謙二を始め、21人のマンガ家が自分の出身地が沈没するという設定で、ギャグ満載の短編集となっています。石川県は「米村孝一郎」。ホビージャパンやウルトラジャンプなどにSFを描く作家ですが、金沢を舞台に泉鏡花の「山海評判記」をもじったちょとしたファンタジーになっています(これ以外は全編ギャグと言っていい)。「いしいひさいち」「岡山沈没」は久しぶりに大笑いさせてもらった。日本人って実は今でも他県人と反目する心がどっかにあるんだろうね。
小松左京公認とあるが、「しかし、こんなふうには沈まんっ!!!」という中身を皆さんもぜひ見てみてください。自分の県がとんなふうに沈むかな?

日本ふるさと沈没 Book 日本ふるさと沈没

著者:鶴田 謙二 他
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 美咲「めぞん一刻」 来春放映! | トップページ | 真夏の遺跡めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/3085726

この記事へのトラックバック一覧です: ギャグ「日本沈没!」:

» 映画好きの映画好きによる映画好きのための... [映画好きの徒然なる日々]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。 [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 11時16分

» ラブアンドベリー [闇   市]
本当に何が流行っているか遅れていってます闇市オーナーdaddyです!またまた、娘からの情報ゲット『ラブアンドベリー』もご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、いやいやドップリハマッテマスと言う方のほうが多いかもね!?まぁご存知でない方のために、チョコッとご紹介!!!本名はと言いますと『オシャレ魔�... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 22時05分

« 美咲「めぞん一刻」 来春放映! | トップページ | 真夏の遺跡めぐり »