« 氷室開き! | トップページ | まちなか彫刻 「走れ!ワーキン」? »

2006年7月 2日 (日)

金沢復刻地図と旧町名復活

Img_29256s 旧町名復活の先駆を行ってる金沢市の、昭和29年当時の地図が今年になって復刻された。
戦後昭和の大合併のあたりから区画整理などとともに戦前からの旧町名を破棄して、味気ない新町名を付けてきた市町村が全国にあるが、ここ金沢もご他聞に漏れず新町名で街を整理してきた。しかし近年、戦災に逢ってない古都金沢に、保存すべきは町並みだけでなく町名も旧いものに復活すべしと条例も制定し、いくつもの旧町名が復活してきた。簡単に言うがその労苦は並大抵でなく、登記関係の変更費用を住民が負担するため(市の助成は幾分かあるが)、ほぼ全会一致の町会内承認も必要で、地元の方の努力はたいへんなものがあった。
今までに七箇所が復活し、このたび武蔵が辻そばの[袋町]が復活する。いずれも藩政期の雰囲気が残ったり、細い路地などで由緒ある名前に相応しい町並みである。
昭和29年の地図では、その七箇所どこも旧町名のままだし、もちろん市内は他にも趣のある数多くの町名で小さく分かれていた。我が現在の菊川町も松本町や梅ヶ枝町など今の町会名で細かくなっていたが、自分のところは今も昔も[菊川町]である。
こういう現在との違いを比較して楽しむのが、古地図収集の醍醐味である。

|

« 氷室開き! | トップページ | まちなか彫刻 「走れ!ワーキン」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/2471541

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢復刻地図と旧町名復活:

« 氷室開き! | トップページ | まちなか彫刻 「走れ!ワーキン」? »