« [国立公文書館] | トップページ | SONY 「α100」発表 »

2006年6月 7日 (水)

「キヤノン」よ、お前もか?!

ちょっと前の話になるが、「ニコン」「コニカミノルタ」の完全撤退に続き、トップメーカーの我が「キヤノン」銀塩カメラの新規開発終了を宣言した。
銀塩の世界シェア1/4を占めるキヤノンのこの動きは、とうとうフイルムカメラの落日を象徴した。このニュースではっきりと数字が示されたが、フイルムカメラの出荷台数は前年比46.5%ダウンの538万台で、デジタルカメラは8.4%増の6477万台とすでに10倍以上。もちろん一眼レフの割合はまだ少ないかも知れないが、一般ユーザーにはコンパクトカメラでも充分なクオリティを提供している。
斯く言う自分も2年前にそれまで使っていた銀塩のEOS55を置き、新たにEOS20Dを購入。それまではデジタル一眼レフは、プロかよほどのお金持ちしか手にできない価格だったが、ようやくハイアマチュアでも購入できる価格帯とクオリティのマシンが揃いだした時期で、一気にそういったユーザーに普及した。
以前から銀塩でもフイルムスキャナーでPCに取り込んでいたので、その煩わしさから手をつけなくなって久しかったが、20Dを手にした途端、手放せなくなってすでに30,000ショットに届こうかという勢い。
銀塩がなくなる(キヤノンは既存の製品は製造販売を続けると言っている)となるとフルサイズのデジタルにあこがれますね~。5Dはムリしてでも買えってことでしょうか? ・・でもまずムリでしょうな。
あなたの愛機はどうですか?

キヤノンEOS 30Dスーパーブック―完全ガイド&チェック Book キヤノンEOS 30Dスーパーブック―完全ガイド&チェック

販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« [国立公文書館] | トップページ | SONY 「α100」発表 »

コメント

キャノン、ニコン、ミノルタ、どんどん、銀塩のカメラがなくっていくのは寂しいね。といっていたら、ソニーからミノルタのαシリーズの継承盤のような新製品が発表されましたね。今までのレンズ群がそのまま使えるし、手ぶれ補正もあるようで、いままで、1眼に、手を出していない人が、ブランド力で買いそうですね。

投稿: 草加せんべい | 2006年6月 8日 (木) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/2091557

この記事へのトラックバック一覧です: 「キヤノン」よ、お前もか?!:

« [国立公文書館] | トップページ | SONY 「α100」発表 »