« 加賀百万石への道 | トップページ | バラエティ マンガ書評 ① »

2006年5月 4日 (木)

富山ライトレール試乗

久しぶりの休み、GWどこも大勢だろうが迷った挙句、先月29日開業したばかりの「富山ライトレール」ポートラムに乗りに行った!
Img_24346s 金沢駅では特急は観光客などで大勢の乗客だが、鈍行列車は人もまばら。シーズンということで、683系[しらさぎ]には、こんなシール[Japanese Beautyホクリク]が貼られてた。
久しぶりに鈍行に乗ってのんびりと富山駅まで。JR東日本と違い、ローカルの普通列車にまで新車投入の余裕のないJR西日本の、昭和62年国鉄松任工場改造の475系での旅だ。8年後の新幹線開通までも、ずっとこの急行改造車や583系改造車で通すつもりだろうか・・・。
Img_24355s 富山駅では、北陸新幹線にむけた工事をようやく開始しているようだ。駅の北側はまだ更地に近いが、やっと富山県の重い腰があがるのを見た気がした。富山-魚津間は、認可が先行していたとはいえ進捗率が高いが、富山-新高岡間はやっとこれから工事開始である。ほんとに8年後、金沢まで間に合うのかな? (白山)車両基地なくして富山暫定開業なぞありえないのだが。
Img_24365s 富山駅北口広場は、30年前[ビバ!クイズ]に出場するため「北日本放送」へ行って以来だが、新幹線を呼ぶのに相応しく、広く整然と整備されていた。その一角に、あった!ありました、新交通システム[LRT](ライト・レール・トランジット)ポートラム。
LRTとは平たく言えば路面電車に変わりはないのだが、ヨーロッパから始まった取り組み(欧州の都市は路面電車が多い)で、より利便性・安全性・環境適合や他の交通機関との組み合わせなどを高めた、まぁ見直された路面電車といえようか。
此処富山のこれは、赤字のJR富山港線を第3セクター化し、富山駅周辺は路面電車化して乗降の利便をはかり、ゆくゆくは富山地方鉄道の路面電車とも乗り入れを考えた、日本初の本格LRTなのです。
Img_24425s GW中の今日は、素晴らしい天気の中、大勢の乗客が富山駅北の乗り場をぐるっと囲むように順番待ち。15分ヘッドで到着便を待って単線の路線をすべるように出発する。
なんと平日朝晩200円以外は、つまり平日日中と土日休日は大人100円だって。安っ!今は開業特需だが、普段競輪と通勤通学以外でこの値段で旧赤字路線を支えられるのか?それにワンマン運転で運転手は料金収受までこなさなきゃいけないが、こういう混雑のとき、前からしか降りられないのがダイヤなどに影響しそう。まだまだ課題はこれから対応のよう。
Img_24479s 立山連峰をバックに。二両連節の低床車。7編成それぞれ色分けしている。そのうち5編成が日中15分ヘッドに[富山駅北]~[岩瀬浜]まで25分間の運行。[岩瀬浜]は単線終端のため即折り返し。途中[城川原]に車両基地があり乗務員もそこで交代する。
金沢では大正時代に開通した市内路面電車も昭和40年代前半ですべて廃止。富山・高岡・福井ではいまだ健在で、車社会で限界の見える交通システムの見直しが検討されてる中、金沢でもぜひ考えてもらいたい1つではありますね。

|

« 加賀百万石への道 | トップページ | バラエティ マンガ書評 ① »

コメント

お久しぶりのコメントありがとうございます。こちらこそ、ご丁寧に申し訳ありません。新幹線を待つ身に変わりは無いのですから、お互い暖かく見守ってまいりましょう。
僕も10月に地図力検定のため久しぶりに富山駅に降り立ちましたら、新しい地上ホームが並んでいたので驚きました。目覚しい進捗状況で恐れ入りました。
さらに駅舎の工事も進んでいるとの事、詳細なコメントうれしいです。新しい駅舎楽しみですね。

金沢に路面電車、僕も切望するひとりです。道路が狭いので実現は難しいでしょうが、各方面のバスが武蔵-片町間など飽和状態で、路面電車で集約してバスは分散するなど、いろいろ検討したらと思うんですが簡単にはいかないのでしょう。でも11月20日の記事にもしましたように、パーソントリップ調査と言って、人の交通移動の調査を生かして近い将来の交通のあり方を研究しているようです。地下鉄もいいのでしょうが当然予算はなく、LRTなら敷設費用は安いかも知れませんね。

投稿: joker | 2007年12月29日 (土) 00時10分

お返事有り難うございました。
インターネットに繋げなかったために
何ヶ月か越しのかなり遅い返信になり済みません。

確かにそうですよね、当時の状況を考えると。
こちらも不躾な感じで申し訳ありませんでした。

さて中々進まずにいた富山駅周辺工事ですが
富山市内の高架工事もかなり進捗し
富山駅周辺の高架(の橋脚も)かなりできあがり
仮設駅の移設工事も佳境に入っております。
来春からついに駅舎高架化工事が開始されます。
大まかな駅舎デザインも決定し
見た目よりも機能性重視で東海道新幹線駅の様な
在来線新幹線各ホームが均一に並ぶ
ガラス張りの駅になるそうです。
今から楽しみです。

あと金沢出身者としては
金沢にも路面電車あればいいのにと思います。
5分~10分間隔で気軽に乗れるのは便利です。
バスでは渋滞とかでここまで気軽には乗れませんし…。

投稿: 1* | 2007年12月28日 (金) 22時10分

コメントありがとうございます。言葉足らずでそういった印象をお持ちになられたならお詫びしますが、当時というかそれまでは、富山-金沢間はフル規格認可が下りていない状態において、白山車両基地がなければ富山までの暫定開業は事実上難しく、そういった事情の上、富山-新高岡間の工事は後手に回っていたのも事実です。認可後も、開業2年前倒しの目標の中、富山以西の進捗を気にするところ、富山駅の工事の様子を目の当たりにして、いよいよ!という感を持った、といったところでしょうか。それにフル規格延長が決まるまで、実質駅への予算配分も多くなかったでしょうし。

投稿: joker | 2007年2月20日 (火) 00時08分

富山の駅は金沢福井両駅と事情が異なり、
駅構内の敷地が必要最低限しかなく
在来線用スペース確保が難しかった為
高架工事をしたくても出来なかった様です。
だから県としては何とかしたかったけれど
出来なかったというのが正直なところみたいですね。
なので重い腰をっていうのは違う気が。
富山港線が路面電車化した事で、
やっと一部スペースを確保できた為、
在来線移設工事が始まりました。
それでも全ての在来線を移設できない為、
一部ホームを在来線用に使用しつつ高架工事が行われるそうです。
駅の機能は春までに北口の仮駅舎に移転し、
春頃から南口も仮駅舎建築が開始され
現在の駅はそのうち解体撤去されるとか。

ちょっと気になったんですが、
自分は金沢出身ですけど、車両基地のくだりで、
あんまり金沢が動かなければ
新幹線自体有り得ない的な表現は慎まれた方が…
自分はいいですが他県の方が気分を害されるおそれが…。

投稿: 1* | 2007年2月18日 (日) 15時42分

草加せんべいさん、初コメントありがとう。
そうです。つくばEXに負けてられません。鉄っちゃんとしては、金沢にもぜひほしいんですけどね。明日はよろしく!

投稿: joker | 2006年5月 5日 (金) 00時07分

単線区間もあるですね。この富山の取り組みは、これからの自体で、赤字線を引き取るいい先例かも?でも、雰囲気はヨーロッパだね!

投稿: 草加せんべい | 2006年5月 4日 (木) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/1674960

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ライトレール試乗:

« 加賀百万石への道 | トップページ | バラエティ マンガ書評 ① »