« 「電気用品安全法(PSE法)」猶予期間終了! | トップページ | 伊能忠敬の足跡 »

2006年4月 3日 (月)

金沢外環状道路山側幹線 15日開通!

Img_15566 うちの近所、犀川沿いちょっと上手を通過する、金沢外環状道路、山側幹線が、いよいよ4月15日に開通する。
国道8号を幹として、そのバイパスの役割も担うとして、海側幹線とともに計画・工事が進んでいた。全体計画は20数年前からあったろうが、実際具体的に工事の進捗がスピートアップしたのは、両方ともここ数年である。仕事場が海側幹線に近く、その進捗状況はよく目にしていたが、山側はその成り立ちからいっても、ところどころのぶつ切り工事状況しかわからず、それが1本に繋がるとは、最近まで意識していなかった。
ルートは南から加賀産業道路からの延長で高尾に繋がり、窪の麓を突きぬけ長坂に出る。長坂では子供のころから住宅地の中に忽然と太い道路がわずか数百メートルだけポツンと取り残されていた。まさか将来有効な道路になるとは当時とても思えなかった。そこから野田、そして大桑で犀川を渡る。ここの立体高架の道路は以前にもリポートしたが、なにもない野っ原に突然ショツピングセンターと重厚な構造物が現れた感で、その工事のスピードも目を見張るようだった。川を渡って小立野台地にぶつかると涌波トンネルである。ここはコンクリートが剥げる手抜き工事が発覚して問題になったところだ。しかし開通前のイベントとして小学生に見学させたり、別のトンネルで結婚式を挙げたりと、イメージアップに躍起ですな。あとは田上まで降りて杜の里に繋がる。ここはジャスコなどですでに住宅街やショッピング街として繁栄しており、これ以上の渋滞が考えられるのにどうする気だろう?
このさき御所から金沢森本IC、今町JCに至る。壮大なバイパスが出来たものだが、はたしてその用途として、どれだけの交通量が期待できるのだろう?すでに言ったが一部はバイパス機能より住宅地の主要道路として利用されているのに、渋滞が今まで以上になるだけではないか?
それはさておき、今度の週末、開通前イベントがあるようだから、それにはぜひ参加したい!

|

« 「電気用品安全法(PSE法)」猶予期間終了! | トップページ | 伊能忠敬の足跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/1252952

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢外環状道路山側幹線 15日開通!:

» 金沢山側環状道路開通☆ ということで走ってきましたw [HORIKENの今日のたわごと]
昨日4月15日16時。「金沢の交通が変わる」金沢外環状道路 山側幹線が前線開通した。 金沢市今町~白山市乾町の26.4kmを結ぶ道路である。 日曜の朝…昨日は新入社員歓迎会で帰ってすぐ寝たために早起き。 朝ご飯を買いに出ると…ドライブにでも行こうかな~…環状線でも走っ..... [続きを読む]

受信: 2006年4月18日 (火) 00時46分

« 「電気用品安全法(PSE法)」猶予期間終了! | トップページ | 伊能忠敬の足跡 »