« みやこの神社めぐり ② | トップページ | みやこの神社めぐり ④ »

2006年1月30日 (月)

みやこの神社めぐり ③

Img_21268s 次に[乃木神社]。赤坂のとなり乃木坂にある、乃木希典将軍邸に造営されました。明治天皇に殉じた将軍に感じて人々が乃木邸に訪れ続けるので、とうとう神社にまでしてしまったというわけです。今もお邸やお庭が保存されています。


Img_21274s ドイツ風の小ぢんまりしたお屋敷は、将軍の質素な人柄にも似つかわしく、冬でも緑の多い庭園とともに静かな空間を広げています。馬小屋などもそのまま健在でした。



Img_21272s そしてなんと庭園にあった銅像は、「乃木大将と辻占売少年像」でした。ここにも金沢ゆかりのものが・・。これは明治24年に金沢を訪れた将軍が、いまの広坂通りで幼い辻占売り少年に出会い、感銘を受けて励まし弐円のお金を渡し、感激した少年が恩を忘れず努力し後年金箔業で成功した、というエピソードを像にしたものです。別の場所にあったものを4年前にここに移したそうです。この話は「金沢検定」に出てもいいくらいの難度のものですが、当然自分は承知してました。なんだか因縁を感じますね。
Img_21293s そして境内、というか拝殿はこれも戦後昭和37年に再建ですが、ここが一番古風な雰囲気が醸し出されてました。玉砂利が綺麗に掃き清められていたのが印象的でした。ここでも当然「勝守」がありましたので、乃木将軍の御尊影とともに購入です。

|

« みやこの神社めぐり ② | トップページ | みやこの神社めぐり ④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/560869

この記事へのトラックバック一覧です: みやこの神社めぐり ③:

« みやこの神社めぐり ② | トップページ | みやこの神社めぐり ④ »