« 温泉マーク | トップページ | 無料宅配ミニコミ誌 »

2006年1月15日 (日)

藤棚の左義長

Dsc01297_1 今日は「左義長」の日。地方では「どんと焼き」とも言うようだが、ここ金沢では普通に左義長と言う。謂れを調べようと思って「ウィキペディア」を開いたら、東京では行われてないんだって。ホントですか?
正月飾りを焼くのに、わざわざ遠くの神社へ行くのは面倒なので、家に一番近い「藤棚白山神社」へいつも行っている。昔は自分含めて子供たちがタムロしてたものだが、今は火の番のおじいさまが数人いるだけで、こういった行事も年々寂しくなりますね。気恥ずかしかったので、写真は境内の外から撮りました。煙がたなびいてるのがわかりますか?
この神社は名の通り、藤の棚が本殿前にあり、5月になるとそれは美しい紫の藤の花が参拝する人を迎えてくれます。シーズンになったらまた撮りますからね。

伊藤桂一 時代小説自選集〈第2巻〉藤棚の下 Book 伊藤桂一 時代小説自選集〈第2巻〉藤棚の下

著者:伊藤 桂一
販売元:光人社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 温泉マーク | トップページ | 無料宅配ミニコミ誌 »

コメント

北海道でどんと焼き行ってきましたよ!
お恥ずかしい話、高校2年まで食い物だと思ってました。(えっ

藤の花いいですねぇ。
本州っぽいです^^いいなぁ!
北海道では気候柄、ありありませんね。
北海道には東藻琴という場所が「芝桜」有名です。
この芝桜!リアルで見るとたまらなくいいんですよね。
機会があれば是非!おすすめっす^^;

投稿: 道産子chuao | 2006年1月18日 (水) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/359063

この記事へのトラックバック一覧です: 藤棚の左義長:

« 温泉マーク | トップページ | 無料宅配ミニコミ誌 »