« 今年の冬 in金沢 | トップページ | 東海テレビ 昼ドラ »

2005年12月27日 (火)

今年の鉄道事故

Img_9617s 先日、山形で痛ましい事故がありましたね。激しい吹雪の中、最上川の橋梁で突風にあおられ、特急[いなほ]が転覆し死者がでたとのこと。ご冥福をお祈りします。
いなほに使われていた車両は、写真にもある[北越]と共通運用されている、485系3000番台、上沼垂色。485系は昭和43年に登場した交直両用の特急型車両、日本で一番多かった車両群といっていいほど全国で永年使用されました。JR化後、各JRでは特色ある改造がなされ、JR九州では全面マッカッカの485系が走ったものです。ここ北陸でもつい最近まで各特急の主流で、特に国鉄色で走り続けたため、全国から鉄道マニアが撮影に来ていました。今では[雷鳥]と489系が急行[能登]として僅かに運用を続けています。
JR東日本では東北管轄で、車体の前面をFRPで覆い、アコモディションも大幅にグレードアップさせた3000番台が[はつかり]や[白鳥]として、そして新潟支社では上記旧上沼垂電車区色にした3000番台が[いなほ][北越]として運用しています。しかし1000番台も併用していることから編成数はそんなになく、今回の事故は次第に全国からその数を減らしてきた485系、とくにレベルの高い改造をした貴重な3000系にとっては、かなりな痛手のことでした。
事故の検証はこれから具体的に判明するでしょうが、今後より対策をとって、未然に防いでほしいものです。JRの大きい西日本・東日本の両トップが、今年相次いで頭を下げている姿を見て、運輸関係の企業は、事故とは縁が切り離せない宿命なのかと、しみじみ感じてしまいました。

なぜ起こる鉄道事故 Book なぜ起こる鉄道事故

著者:山之内 秀一郎
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国鉄形車両 事故の謎とゆくえ Book 国鉄形車両 事故の謎とゆくえ

著者:池口 英司,梅原 淳
販売元:東京堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 今年の冬 in金沢 | トップページ | 東海テレビ 昼ドラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/185806

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の鉄道事故:

« 今年の冬 in金沢 | トップページ | 東海テレビ 昼ドラ »