« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

2005年 ラスト

Img_8745s みなさん、今年一年ありがとうございました。本厄の年なのに、今までと違っていろんなことをし出して充実した一年でした。去年は前厄の力如何なく発揮され、失うものが結構多かったのですが、今年はあれもチャレンジこれも体験・・と、なんだかここ数年がうそみたいに積極的でした。このブログの書き込みというのも一つの転機でしょうか。
また遠くに知り合いもでき(A・N・N・T・K・E・Nさん方)、北海道で新しい仕事のチャンスも出来るなど、行動範囲も広がりました。もちろん金沢でも、(Yさん・Sさん)従来の方にはこれからも大変にお世話になります。来年も公私とも積極的に頑張りたいと思います。みなさんよろしく!!
来年も皆々様方にとって良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

金沢の夜景in Last2005 ②

Img_9824s 旧県庁横の広場。県警本部と中警察署があった跡の広坂交差点角。ここも普段はただの芝生の公園にしていて、再利用にもてあましているみたい。しかしこのように雪の中のライトアップは結構風情があってよい。左奥に本丸巽櫓隅石垣もライトに照らし出されて、天気がよければ絶好の夜景スポットかな。
Img_9846s 尾山神社の前へ来ました。この秋から参道に、へんてこなボードが仕込まれたが、ライトに照らされてみるとこれもなんだか幻想的。僕以外にもこの雨の中写して行く観光客がちらほら・・。また新しい名所が増えてよかったね。


Img_9867s 香林坊の交差点。毎年恒例で12月になると一帯の街路樹に電飾する。今年は大雪のニュースでここがどれだけNHK全国ニュースに流れたことだろう。東京の皆さんも見たことあるんじゃない?



Img_9874s さていろいろ見てきたけど、僕としては今年の新しい夜景スポットとして、なんと言っても家の前の[上菊橋]がお勧めかな。車道と同じ幅の歩道との間に花壇をしつらえ、左右計40個の電燈が夜に橋を照らし出す。夏なんかはちょうどいい夕涼みの場所でしたが、いまは冷たい雨が降って人もまばら。
Img_9880s 雪の夜景の上菊橋。ここもちょっと幻想的でしょう?
ほら、あなたも金沢に来たくなった?

Nさん、ミレナリオの報告&コメントくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

金沢の夜景in Last2005 ①

30日に別働隊が今年で一旦休止の「東京ミレナリオ」を撮影に行ってるはずなので、僕は金沢の夜景をいくつか撮りました。
Img_9782s 小雨と風が吹くあいにくの夜に、悪条件下で市内を撮影。まずは金沢駅東口の鼓門。今年6月に出来たばかり(9月2日のブログ参照)の新しい金沢の玄関は、いつ新幹線が来てもいいように待っています。夜見るこの大きいオブジェは確かに迫力はある。

Img_9790s ガラスドーム内部は写真より少し暗いが、撮影してみると幾何学的な構造はどこか幻想的に映る。ちょっと気に入りました。




Img_9796s 駅前のホテル2棟。金沢全日空ホテルホテル日航金沢。最上階からの金沢の夜景はさぞ美しいでしょう。




Img_9801s 市内中心部に移って[石川近代文学館]。旧第四高のレンガの建物は、ライトアップに相応しいシルエットを映し出している。




Img_9814s_1 3年前まで現役だった旧県庁舎。たしか大正時代の建物のはず。まだ具体的な利用方法が決まらず、外観は照らすと綺麗だが、中はつまり廃墟?というわけでちょっと怖い?
続きはパート2へ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

東海テレビ 昼ドラ

今日もまたひとつ、東海テレビの昼の奥様用ドラマが最終回を迎えました。
今回は[緋の十字架]。ヨーロッパの小説が原作なので、いかに日本の戦後を舞台にしても、ヨーロッパテイストふんだんのドラマでした。
会社では食堂で弁当が出るのですが、自分がありつけるのは女の子たちを先に食べさせた後13時30分ころ。つまり昼ドラの時間帯。畳の部屋で胡坐をかきながら毎回じっくり見ています。主婦じゃなくても見続けるとハマッてしまうのが東海テレビのようです。派手な展開は昔の「大映ドラマ」のようでもありますが、いわゆる「韓流ドラマ」のように単純でもなく、3ヶ月の間に山あり谷あり(3ヶ月この展開でどう引っ張るのか?というのもあったが)、スリルとサスペンスもあって面白いです。
最近は特に話題性の多いものが続きましたね。[牡丹と薔薇]とか[真珠夫人]とか・・。今度の[新・風のロンド]は、ボタバラでいじめ役をしていた「小沢真珠」がいじめられ役、親子2役で登場です。会社の勤務日に合わせたかのように、今日28日最終回、1月5日第一回放送と気が利いています。今から楽しみですね。

Book 風の輪舞 上

著者:津雲 むつみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 風の輪舞 中

著者:津雲 むつみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 風の輪舞 下

著者:津雲 むつみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

今年の鉄道事故

Img_9617s 先日、山形で痛ましい事故がありましたね。激しい吹雪の中、最上川の橋梁で突風にあおられ、特急[いなほ]が転覆し死者がでたとのこと。ご冥福をお祈りします。
いなほに使われていた車両は、写真にもある[北越]と共通運用されている、485系3000番台、上沼垂色。485系は昭和43年に登場した交直両用の特急型車両、日本で一番多かった車両群といっていいほど全国で永年使用されました。JR化後、各JRでは特色ある改造がなされ、JR九州では全面マッカッカの485系が走ったものです。ここ北陸でもつい最近まで各特急の主流で、特に国鉄色で走り続けたため、全国から鉄道マニアが撮影に来ていました。今では[雷鳥]と489系が急行[能登]として僅かに運用を続けています。
JR東日本では東北管轄で、車体の前面をFRPで覆い、アコモディションも大幅にグレードアップさせた3000番台が[はつかり]や[白鳥]として、そして新潟支社では上記旧上沼垂電車区色にした3000番台が[いなほ][北越]として運用しています。しかし1000番台も併用していることから編成数はそんなになく、今回の事故は次第に全国からその数を減らしてきた485系、とくにレベルの高い改造をした貴重な3000系にとっては、かなりな痛手のことでした。
事故の検証はこれから具体的に判明するでしょうが、今後より対策をとって、未然に防いでほしいものです。JRの大きい西日本・東日本の両トップが、今年相次いで頭を下げている姿を見て、運輸関係の企業は、事故とは縁が切り離せない宿命なのかと、しみじみ感じてしまいました。

なぜ起こる鉄道事故 Book なぜ起こる鉄道事故

著者:山之内 秀一郎
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国鉄形車両 事故の謎とゆくえ Book 国鉄形車両 事故の謎とゆくえ

著者:池口 英司,梅原 淳
販売元:東京堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

今年の冬 in金沢

Img_9759s 旅行から帰ってきて、その2日間積雪はさほどありませんでした。今日の日中は金沢でも久しぶりの青空!なんだか東京とかの晴れを持ってきたかのように、いい天気です。
川原の雪の足跡とか、見えますか?こんな世界から参りましたよ!

Img_9768s 冬は晴れてさえいれば、空気も澄んで見通しもよく、白い山々も良く見えます。犀川から望む雪の医王山です。この姿を子供のころから見ている、此処を離れがたいわけです。
今年の冬は10年ぶりくらいの寒波が居ついて、3ヶ月予報改正で、1月・2月も雪が多い傾向のようで、この冬の予定が立ちません。また行き当たりバッタリで行動するかも。

昼間のんきなことを思ってたら、21時過ぎ現在、雷鳴とともに吹雪となりました。またひどい雪になるのか・・。慢性的な睡眠不足は雪かきのせいだけじゃなく、今日回覧板にあったけど、[睡眠時無呼吸症候群SAS]かも知れない。皆さんもおだいじに。

Book 成人の睡眠時無呼吸症候群診断と治療のためのガイドライン

著者:睡眠呼吸障害研究会
販売元:メディカルレビュー社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 睡眠時無呼吸症候群スクリーニングハンドブック

販売元:厚生科学研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

睡眠時無呼吸症候群 Book 睡眠時無呼吸症候群

著者:安間 文彦
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

三十三間堂の通し矢

Img_9740s 京都では、これもかねてからの念願であった蓮華王院、通称三十三間堂へ行ってきた。ここは平田弘史の漫画「弓道士魂」にもあった江戸時代からの「通し矢」というものが連綿と続けられてきた舞台である。三十三間堂は本来、千躰の千手観音ほか、多数の国宝が眠っているお堂だが、堂の長さ約120メートル、柱の間が3.6メートル、33あってそれで三十三間堂という。この外縁を手前から向こうまで廂にも当てず[矢]を射通す、[通し矢]という競技が江戸時代、武士の間で命がけで行われてきた。24時間の間に何千本もの矢を射通す、藩のメンツや武士の魂をかけたその事実は、上記漫画にも詳しいが、現実の堂を目の当たりにして、深く感銘を受けました。
Img_9747s 堂の柱や廂を見ると、今でも右側に鉄板で木材を保護した跡があり、なんと廂に当った矢も一本、わざとかもしれないが保存されていた。堂内の廊下の梁には、競技で射抜いた数を記念して、掲額が掲げられていたし(ススでほとんど読めないが)、絵馬も奉納されていた。漫画で読んだ[星野勘左衛門]の物もあった。そのすさまじい事実を確認できてとても有意義でした。
しかし今回も果たせなかったのが[二条城]城内に時間が遅くて入れなかったこと。4時入場打ち切りは早すぎますって。
Dsc01291 最後に京都駅にたどり着いたら、そういえば今日は・・。こういったイルミネーションはあちこちに増え、すこしは景気回復した証しなのかな、と思わなくもないが、自分にはあまり関係ないみたい・・。



Book 弓道士魂 完全版―平田弘史作品第5集 京都三十三間堂・通し矢物語

著者:平田 弘史
販売元:マガジン・ファイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

GO around 金沢~金沢

Dsc01281 週末、ちょっとした旅行をしました。豪雪の合間を縫って、北周りに「金沢」-「東京」-「京都」-「金沢」と中日本一周です。切符もご覧の通り、「金沢」→「金沢」です。でも京都の手前「山科」で輪になっているので、別に「山科」←→「京都」の切符が要りました。前日の新潟大停電で、23日も出発が危ぶまれましたが、若干遅れながらも無事「はくたか」「ほくほく線」を走りきりました。しかし「上越新幹線」は待ってくれず乗り継げず、結局東京着は1時間遅れ。東京の皆さん、お待たせ&ありがとうございました。
Img_9723s さて翌日は東海道新幹線で京都へ。今回の目的のひとつ、500系のぞみでの長距離旅である。9時50分発ののぞみ13号は、とうとう出会えたW1編成だった。500系は全部でも9編成しかないが、中でも量産先行車でデビューの96年から定期運用についているW1編成は一日の長がある。Img_9719s
見分け方は「くじら」の耳のように、先頭車運転室横中央部にある丸い穴である。これはすれ違いによる車体の揺れを検知する装置で、W1編成にしかない。しかしさすがに最年長。中のアコモは若干の疲れが見えていた。座席台のあちこちにキズが見えていたし、窓枠の外側の布カバーは、なんとマジックテープで止まっていたが、それが露出していた。
そんな500系はなんといってもスピードが売り物。しかし名古屋を過ぎたあたりから雪が深くなり、関ヶ原や伊吹山の麓では、息をきらせながら徐行運転する様はなんだか痛々しかった。40分遅れで京都到着。500系お疲れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

札幌出張の旅②

Dsc01230 2日目も午前中取引先におじゃました。これからいい仕事が待っていそうで、また忙しくなるのか・・・。いやいや、札幌の皆様、お世話になりました。これからもよろしくお願いします。具体的なことはここではナイショですが。
取引先の奨めでレオパレスホテルに泊まったが、近くにAPAホテルがあって最初予約していた。見るとあのおばさん、ここでも外に自分をさらけ出してるよ。(写真中央部参照)金沢の片町で、等身大(ゴジラとは言わぬが)10数メートル全身写真をホテルの壁に貼って、クレームもらって外してたのに・・。あのパワーは誰も見習えない。
Dsc01236 帰りに新千歳空港まで送っていただいたが、小雪が舞う程度でとうとう最後まで寒くなかった。やはり僕は異常なまでの[晴れ男]のようである。何がしかのイベントがあるときは常に[晴れ]、あるいは降らせない。天気予報も覆させている。今年の成績は全勝と言ってもいい。しかし今週末のイベントはどうだろう・・。あんまり宣言しないほうが・・。

Dsc01251 ところで、行きのときにも思ったが、この厳しい寒波の雪雲も、飛行機で上がってみるとすごく低いところにある。数百メートル上空で雲を突き抜けると、こんなにどんよりと重たく暗い空間の上に、なんて真っ青なすがすがしい果て無き空間があるのだろう、と感慨に耽ってしまった。雪雲が小さく思えて、吹き飛ばしたくなった。世の中の出来事は(気象も含めて)地上すれすれで起きている、ちんまいことなのだなぁ。(写真は室蘭上空)

Dsc01262 降下して、雪深い石川県に戻ってきたよ。手取川も白くなって河原と田畑と見分けがつかない。白とグレーの世界がかくも寂しいものとは・・。

Dsc01271 そして最後にちょっと寄り道。この12月にオープンしたばかりの[松井秀喜ベースボールミュージアム]だよ。以前からの小さい[松井の館]の横に大規模にまるでディ○ニーラ○ドのような建物をでっかく建てられました。オープニングセレモニーには秀喜も来ていたけど、此処のところの大雪でか、今日は休館日。裏のガレージで松井の親父さんが、なんか作業してました。休日に金沢へ遊びに来てくれるなら、興味のある皆さん、ご案内しますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

札幌出張の旅①

Dsc01221 大雪が続く中、とうとう札幌出張の日となった。前日飛行機はこちらに飛んでいたので機材があることは判っていたが、横風が強そうで実際飛ぶのかギリギリまで微妙だった。いざ飛んでも、到着地に着陸できなかったら羽田に着陸するなんて理不尽なことも充分ありうるので気が抜けない。
出発20分前の搭乗案内の時、するとどうだ、なんと日が差してきた。む~う、これはやはり・・・。

Dsc01224 そしてほぼ定刻どおり新千歳空港に着陸。北海道大陸は高校の時以来25年ぶりくらいだ。そのときは春だったので、如何な雪国生まれとは言えマイナス何度、なんて世界は初体験だろうと思い期待と不安があったのに、-7度予報だったが-1度程度であった。迎えに来てくれた取引先の方も、今日は寒くないと言われた。む~う、これは。
札幌の町は、今大雪の北陸より積雪がない。今年の北海道は逆に雪が遅くて少ないらしい。半ば凍りつく高速や国道も、地元の人は平気でビュンビュン飛ばすそうだ。それで事故の死亡率も多いそうで、この広い大地に生きている人々はおおらか?
みっちり仕事をこなした後、繁華街でごちそうになりました。札幌の記憶ははるか遠くだけれど、JRの駅をはじめ巨大なビルも乱立し、名古屋や京都に引けを取らない大都会は、数年前に不況のズンドコにあったとは思えない輝きを見せていた。初めて本場で食べた味噌ラーメン、おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

年賀状印刷は自宅で・・

Img_8748s 最近の年賀状ソリューション?は便利すぎてかないませんな。いろんな年賀状素材集の本が出ていて、そのまま貼り付けてプリントするだけで、あら不思議(不思議でもなんでもないが)、とってもきれいな作品のできあがり。その素材も年々バリエーションが豊富だし、綺麗なものが増えてきた。自分も最近は専らそういったものを利用させてもらっているが、それでも統一せずに、相手先に応じていろんなデザインのものをたくさん選んでいる。プリンターも一昔前より安くて早くて高機能のものが普及しているから、DTPや印刷所に依頼せずに、自宅で美しい年賀状を作ることが出来る家庭も増えているだろう。印刷屋さんもたまったものではないですな。
自分は以前からIllustratorを使って、素材を他から求めても自分なりに工夫して加工したものをデザインしていたが、最近忙しくなってくるとやはり素材のベタ使用が増えてくる。それでも気の張る相手は自分で撮影したものを使っているけれど、プリンターを高機能なものに買い換えたら、スピードも速いし綺麗に仕上がるからラクチンだ。
皆さん、どんなものが届いても、決して手抜きというわけではないですからご容赦を・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

大雪が続く・・・

Img_8738s 関東の方々は特にご覧いただきたいのですが、雪が積もりだして一週間、もう大変です。毎日雪すかし(雪かき、の金沢方言)で朝晩しんどいです。ブログの書き込みも一週間飛んでますが、それどころではなかったですよ。
交通も高速や鉄道がよく不通になったりして、仕事上の荷物も遅れたりしてさんざんでした。ヤマト佐川も、センターに荷物が遅延したり2日分溜まったりして、混乱していたようです。
でもですよ、街中の積雪はせいぜい40~50センチ。一昔前からいえば当たり前の積雪量です。子供のころは、冬といえば毎日雪景色で、庭で小さなカマクラなんかも作れました。歩道は人の長靴の足跡で自然と小道を作って通ったりとか、雪がある暮らしが当然の金沢の冬だったのに、本当にこの十数年での地球温暖化で、シーズンに何週間かしか雪が積もらなくなっていました。去年の初雪は12月22日でしたよ。
Img_8741s 久しぶりの本格的な雪に、交通その他がマヒするのは、それだけ流通が密になっているとか、もはや慣れなくなったとか、脆弱性が露呈しているからでしょう。なんとか早く寒波が過ぎ去って、交通も立ち直ってほしいです。19日の札幌出張、飛行機飛ぶんでしょうか?連休まで雪の影響は残るのかな?はたまた雪すかしで痛めた腰は?
みなさんもお大事に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

Photoback 仕上がりました

[Photoback]に依頼した写真集?が仕上がってきました。早速yamanaoさんと検証です。やっぱりディスプレイで見る色見とはかなり違って、ちょっと赤っぽい?sRGBのまま出力している感じで、想像だけど、XEROXColor DocuTech 60Vを使っているようだ。
全体的にきれいに仕上がっているけど、ルーペで見たら若干モアレも現れてるし、網点も裸眼で確認できるくらい。しかしオンデマンドで此処までの仕上がり、まして表紙や製本の綺麗さ、そして手ごろな価格。充分なクオリティではないでしょうか。編集の仕方もわりと簡単でしたし、一般ユーザーにも価格的にもお奨めできるでしょう。欲を言うと、12センチCDサイズは、もう少し大きいつもりでしたが、仕上がってみると心持小さく感じ、用紙もマットだけじゃなくアートやキャストから選べたらいいかと・・。
ハイアマチュアには、もしかしたら[ARTBOOK]の方がいいかも知れませんが、これは何しろ高い。それに見合ったクオリティであればいいですが。今度はこちらを試してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

「金沢検定」合格しました!

Img_8732s 金沢検定の合格発表が、金沢検定のHP上で本日あり、初級ですが自分の受験番号が燦然と輝いていました!!ヽ(^o^)丿
おかげさまでみなさんありがとうございます。こんなに合格率が低くなるとは思いもよらず、自分も自信が揺らいでいたところでしたが、まぁなんとか滑り込んだと言うか・・。会社からむりやり受けさせられたという人も多かったようですし、合格番号から確かに、あの100人くらい受けていた教室でも、10人も合格してなかったような。
そして先ほど、なんと郵便で早くも合格証が届きました!気高く輝く梅鉢紋☆彡 わずかに130人しかこれを手にしてないと思うと、受ける前はそれほどでもなかったのですが、なんともうれしいものです。問題と正答も同封されており、答え合わせや来年以降の対策もできるでしょうか。
ちょうど本日、おおた慶文氏より直筆サイン入カレンダーも届いて(9月28日ブログ参照)2重の喜びで一緒に写真写してしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

ブログ+ラジオ=ブジオ

会社から帰る時間がちょっと早いと(20時台)、いつも車内でつけてるAMラジオが野球のシーズンオフになると、地元局の系列なのでTBSラジオの企画物になります。今年からはこの[ブログ]と[ラジオ]の合体で[ブジオ](スペルはbujioじゃなくてbdioだと思うがどうか)という番組が始まった!
各曜日でレギュラー出演者が違うが、決まったテーマをラジオとブログで連携して放送している。手法はなるほど画期的で、出演者も個性のある人々で固めていておもしろい!僕は特に木曜の「眞鍋かをり」と金曜の「唐沢俊一」。唐沢氏の場合は、またマニアックなゲストをいつも用意されていることよ。第一回は特撮アート界にこの人あり、開田裕治氏だし、今週はウルトラマンの実相寺昭雄氏。ふだん書籍でも聞けない(読めない)話を聞けてうれしいが、毎週時間があうわけでなく、ラジオもDVD録画のように高度予約録音できぬものかは。眞鍋かをりの回は木曜で最近とくに時間が合わない。残念なのでブジオのブログは見るようにしてるが、このブログ自体はあまりリアルに放送に影響を与えてないのでは?とは思うけど・・。(放送は、ブログに影響与えてると思うよ)
時間が合う人は、ぜひ毎週聞いてみそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

埼京線ダービー

Img_0226s 先週になりますが、深夜の毎度おなじみ流浪の番組「タモリ倶楽部」で、埼京線ダービーなるものをやっていました。なんのことか聞いただけではわからんでしょうが、[鉄ちゃん]というのはどこの世界にも居るようで、ホリプロのマネージャーが大の鉄道好きで、タモリ倶楽部に企画を持ってきて、なんと2週にわたって放送しました。
埼京線の線路は、実はその[池袋-大崎]間は「山手貨物線」を利用していて、さらにその線は、埼京線電車に限らずたくさんの系統の鉄道が利用しています。かるく挙げるだけでも、[湘南新宿ライン]・[成田エクスプレス]・[スーパービュー踊り子]・[りんかい線]、もちろん[貨物列車]も。それらが素人には全くわからない不規則に通過するので、次になにが通るか競馬予想のように賭けよう、というのです。埼京線電車の利用頻度が山手線に比べたら格段に少ないので、こういったこともできるわけです。(もちろん鉄ちゃんが軽く調べれば、次なにが通るかはカルクわかる。)
しかしこの分野もタモリは通らしく、運転手の形態模写も堂にいってました。もしかして僕はタモリと同類?またこういったマニアックなジャンルをどんどん放送していってほしいです。こんなことができるのは、今も昔も[タモリ倶楽部]だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

Photobackサービス

印刷業の片棒を担いでる仕事をしていると、いろんなソリューションやサービスに出会います。
取引先の印刷会社のオペレーター(といってもyamanaoさんですが、)さんに、小部数の写真集を作るネットでのサービスを教えてもらいました。[Photoback]といいます。
小部数印刷は、デジタルソリューションの進んだ昨今、オンデマンド印刷といい、オフセット印刷のような製版などせずに、いわばカラーコピーの高級タイプのような印刷手法が普及しています。工程がすくなく、安価にできるため小部数にも対応できるわけです。(yamanaoさんにはいつもお世話になっています)
[Photoback]のサービスもそれなわけですが、如何せんオフセットより仕上がりは若干弱いです。完成度が気になるので、ちょっと試してみましょう。結果はyamanaoさんにお知らせします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年12月 1日 (木)

金沢検定、難しすぎた?

「金沢検定」の合格者数など詳細が発表された!結局2,998人が受験し、中級はなんと682人中15人だけ合格。合格率2.2%!初級でも2,316人中130人だけ合格、5.6%だった。
なんて低い合格率、そんなに難しかった?これでは合格してるか僕もちょっと自信がないなぁ。
京都検定に次ぐ受験者数でも、今後これでは出題するほうも考えざるを得ないでしょうが、ちょっと難しいですね。人数を減らさないために優しくするか、ステイタスの維持でこのままの難易度にするか。いずれにしても第一回の合格者は充分胸を張れますね。
合格発表が前倒しされ、少なくとも12月10日には「金沢検定」のHPで番号が発表されます。今からドキドキですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »