« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月20日 (日)

「金沢検定」とうとう受験!

Img_5625s_1

いよいよ当日がやってきました!前日までいろいろあって、験勉は親指大もしてません。
朝はさっきまで雨降ってたような空で、やむなく広坂バス停まで歩いていたら、臨時バスがすぐ来たので会場にはえらく早くついてしまった。金沢大学は一般人は滅多に立ち入りしないし、よい機会なので写真を撮りまくりましたよ。
教室は1/4円形で、席は一番後ろの奥で教室を一望できた。どうも会社単位で受験してる人も多く、皆さん席が傍になってるようで。例のPCベンダーも同友会に入ってる関係で社員に義務づけてましたからね。
長く待っていよいよ試験開始!マークシートで100問90分。歴史・地理・風俗・文化、といった順かな。いきなり前田利家から利常・利常・利常・・、そんなに利常のことがわかるか~っ!まぁ、大河の「としまつ」を見て覚えてたら判ることだがな。全体に、金沢に住んでたら常識的に判る問題、永年住むかよくニュースなど見たり美術館など行ってればわかる問題、そしてよくよく本を読むか調べ物をしたり、昔のことに造詣が深くないとわからない問題と、難易にバランスがとれてました。ただ、初級でこのレベルとは。中級受けなくてよかった。最初から迷った問いは飛ばして、自信がある問題を最後まで進めて、100問終わった時点で30分経ってないぞ。迷ったのは17問。ということは80点は取れるということか?迷ったのをじっくり考えて全部埋める。へんな問題はなかったけど、専門すぎて一般的でないだろ!というのはありましたね。
30分過ぎたら途中退出できるので、ぼちぼち退出する人が何人か。自分もこれ以上の時間はムダだと思い、都合40分で退出。外に出ると、やはりTV局などが取材に。試験の開始のころから晴れ間も見えて、すがすがしい秋空になっていた。
問題は北國新聞にでも掲載されるのでしょうか?持って帰られなかったからなぁ。結果は年末まで待たなくちゃいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

金沢の古地図?

Img_5637s

日本地図センターの通販に、主要都市の「地図で見る変遷」があり、その中に金沢があったので、有無をいわせず買いました。1/25000地図で、明治42年(1909)・昭和5年(1930)・昭和30年(1955)・昭和45年(1970)・平成6年(1994)の金沢近郊の5枚組に、解説書です。残念ながら江戸図のような絵図や都市図とかではなく、まして縮尺が大きいので、町並みや鉄道、河川、田畑の様子などしか判りませんが、それでも充分で、金沢地区の発展が手に取るように(四六判なので手に取れないが)見ることが出来ます。
解説書には、子供のころ学校の資料で見た、金沢市の合併経緯の図もあり、1962年に森本町の合併を最後に、他自治体と合併してません(細かい境界変更はある)。1970年から1975年の国勢調査の間の人口増加率で、野々市町が驚異の74.7%UPというのもオドロキでした。
このほかにも鉄道路線の推移や面白い統計情報などもあり、学校教育にも利用すればいいのに、と思ったりもします。
「金沢検定」の参考になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

「地図中心」

Img_5628s

日本地図センターへは行けないので、通販でいろいろ購入しました。まず月刊誌の「地図中心」。地図好きの人のための情報誌だって。どんな世界にも好き者のための情報提供物があるんですね。
いろんな種類の地図の解説や、ある土地をテーマに移り変わりを掘り下げるとか、多様な誌面づくりになってますが、中でも普段目にできない古い地図や写真で現在と比較したり、解説やエッセイなどが面白いです。伊能大図を取り上げてる2004年5月号からバックナンバーを取り寄せ、もちろん定期購読にしました。伊能大図は複製をも販売していました。ちょっと値が張るのでまだ検討中です。このほかにもいろんな地図を通販しています。あなたも、タモリもハマっているというこの世界をのぞいてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

マイナー漫画家自慢? PART②

「全部実話です(笑)」。[吾妻ひでお]の「失踪日記」は驚愕でした。80年代のSFマンガの世界では影響を受ける作家も多く、賞もいくつか取り「大家(たいか)」と呼んでも差し支えなかった吾妻ひでお氏が、90年代活躍が聞かれなかったなと思ったら、こんなことになっていたとは・・という書物です。
「突然の失踪から自殺未遂・路上生活・肉体労働、アルコール中毒・強制入院まで。波乱万丈の日々を綴った、今だから笑える赤裸々なノンフィクション!」という帯もついています。そんなすさまじい生き方?を淡々と描き、「実体験の凄さはもちろん、絵も含めた『漫画作品』として完成度が高く本当に面白い。」と「とり・みき」も絶賛!このマンガを読むと、自分もどうかなったとしても、どうにかなるもんだ。とか思ってしまうほど深刻さが見えず(残されていたご家族はさぞ深刻だったと思うが)、今の世でも、住所不定身分不明でも就職できちゃうんだなぁ、とへんなところに感心。
現在は無事自宅にお戻りですが、うつ病の症状はずっとあるらしく、同人誌「産直あづまマガジン」や角川書店の「comic新現実」に[うつうつひでお日記]を掲載、読者を一緒にうつうつの世界へ導いています。どうもこの手のマンガを読むと、影響を受けやすいですね。
氏の持っている魅力は誰もが信じているので、早くいろいろと良くなってほしいです。

失踪日記 Book 失踪日記

著者:吾妻 ひでお
販売元:イースト・プレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月16日 (水)

「うら~ないで、おもてなし」

今をときめくドラマの女王、仲間由紀恵の出世作、[トリック]をご存知でしょうか?2年ぶりの「新作スペシャル」が13日に放映されました!
毎回有名ゲストが特異な能力をもつ犯人として登場し、売れない奇術師の仲間由紀恵が、物理学者の阿部寛の持ち込むトラブルに巻き込まれ、犯人のトリックを暴く、コミカルミステリーです。
今回の犯人は名取裕子。占いに見せかけ殺人を続けるのですが、いつも犯人役もオーバーアクションでコミカルな演技、仲間・阿部コンビも間の抜けたいい味を醸し出してます。刑事役の生瀬勝久もこの番組で当り、仲間とは「ごくせん」でも共演してユニークなキャラクター付けに成功しています。
2000年からTVは3シリーズ。映画も上映され、来年6月には劇場版2が決定しました!
僕はすべてDVDを買うという入れ込みようで、続編も長いこと期待して待っていました。来年は大河で仲間は1年埋まりますが、再来年早々にでも、TVシリーズ復活してほしいですね。
書籍も番組内で出版したとする本を本当に出版するなど、たくさんのふざけた本が出ています。
思わずハマッてしまうので、ぜひ探してみてください。

日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象 Book 日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

超天才マジシャン・山田奈緒子の全部まるっとお見通しだ! Book 超天才マジシャン・山田奈緒子の全部まるっとお見通しだ!

販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

日本地図センター

みなさん、テレビ朝日系の深夜長寿流浪の番組「タモリ倶楽部」をごらんになっているだろうか?毎回タモリと準レギュラーが、都内のあちこちに出没し、さまざまな社会現象を超バラエティーチックにとり上げているあの番組です(空耳アワーが長く続いている)。
この番組に先週、地図マニアの聖地、[(財)日本地図センター]が取り上げられた。いつかはタモリ倶楽部が来るだろう、と地図センターの方々も手薬煉ひいて待っていたそうで、番組内のクイズでも、タモリは地図マニアの実力を如何なく発揮していた。
その存在は影ながら知っていたけど、残念ながら平日の日中しかオープンしていない。まだ行くことができない。ここへ行けば、現代地図ならないものはないだらう。たいへんくやしい。ネット販売も一部はしているようなので、それでガマンしておきます。
場所は日本地図センターのHPで確認してもらうとして、だれか代わりに行ってくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

犀川河畔の旅 11月

Img_5594s

今回は日曜日の貴重な晴れ間、思い立って自転車を出しました。大桑のショツピングセンターや、外環状道路山側線の状況が気になっていたので・・。
先日「ヤマダ電機」に行った際、大桑橋が架け替えて立派になっていたのに驚きました。上菊橋は4年かかったのに、大桑橋は1年くらいじゃないかな。ちょうどSCへ曲がる信号のない交差点で、バイトたちが交通量調査をやっていました。はやく信号つけたほうがいいよ。
SCを抜け、下道はきれいに出来ているけど人気(ひとけ)のない、外環状の高架の工事現場まで来ました。いやいや工事やってるよ!防音壁を取り付けているところ。構造物はあらかた出来ている。新道をぐるっと回って川沿いに出たら、小立野台に向かう橋のところはトンネルと高架の2重構造になっていた。いったいいつの間に、こんな大規模な構造物が出来てたんだろう?こんな何もないところに基礎工事のときはうるさかったろうに、環境破壊じゃないのか。来年3月に山側全線供用されるらしいけど、ぜひ自転車で上から眺めてやろうと思う。
さて上流に向かうと、自然のままの姿がなつかしい。貝殻橋のあたりは、川底から化石が良く見つかるのだか、ちょうど3人の作業員が川底をさらっていた。鮎の放流もこのあたりだっけ?
今日は時間がないので、溯上はここまで。今度上流に向かうときは「埋蔵文化財センター」までが目標!今日の様子は、アルバムをぜひ見てください☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

カニ漁解禁!!

Nec_0015

今週7日に待望のカニ漁が解禁となって初の週末なので、フンパツして買ってきました。
金沢港の「いきいき魚市」という常設市場です。地元人はもちろん、観光客向けにもお土産や贈り物用に利用され、新鮮で街中より少し安いのも魅力です。近江町市場はともかく、大型スーパーに並んでいるものは他地域のものだったり、小振りのものが多くてダメです。ここは甲箱でも大きめのが揃っていて、それなりの値段もしています。
午後に行ったので、半分くらいは捌けてたのか、売り場も隙間が目立ってましたが、中でもよさそうなのを物色しながら数件回って決めました。ズワイは色が鮮やかで重たいもの、コウバコはもちろん甲が大きくて、外子の色が濃いのを選びます。
当然値切ればいいんですが、しつこく交渉するのでなく、玄人っぽく最後に、○千円でいいよね!とシレッと流すのがよいですよ。
母親が金沢の海育ちで、子供のころには(といっても戦前)カニなどおやつ代わりだったそうで、僕もその縁で子供のころからあきるほどカニはいただいてます。今日は逆にちょっとした親孝行で、母と分けていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

[川嶋あい]にinspire

今、「川嶋あい」がHotですね。
この名前は、地元のネッツ石川のCMで初めて耳にしましたが、最初は、「川嶋あいのネッツ石川!」といわれてもWhat?という感じでしたが、だんだん様子がわかってきました。地元広告の宅配フリーペーパー「みるとく」に、「ネッツ石川」が1000回路上ライブなど彼女のチャレンジする姿勢に打たれて、イメージキャラクターに起用し、何度かショールームライブも催したことが載っていました。
それでも、なるほど・・というくらいでしたが、先週のTBS「金スマ」に波乱万丈で特集され、彼女の生い立ちから今の成功まで紹介され、それで衝撃がありました。不幸と一言では片付けられない人生(まだ19歳)に、ベッキーなんて号泣でしたね。
それからアルバムを探して、今から聞いているところですが、心の琴線にふれる歌が多いですね。来月の12月3日にまたネッツ石川の本社でショールームライブがありますが、残念ながら仕事が入って行けません!
メジャーデビューしているとは言え、まだまだメジャー級とはいえないだろう彼女は、マイナー好きの僕のリストの一人に入りそうです。
これからもぜひ頑張ってほしいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

これからの販売は[ショップ]か[ネット]か?

Nec_0007

市内に先日オープンした、事務用品販売の大型ショップ、「事務キチ」へ行ってきました。(キチは基地かキチ○イのことか?)全国で5番目とのことで、東京ではまだないですが、自分が以前いた藤沢に4号店があるそうです。
中は以前「コジマ」だった300坪をそのまま使い、文具一式なんでも揃い、薬量販にも置いてあるような食品も用意してありました。ただ、これくらいの品揃えは、別の市内のホームセンター量販「ムサシ」と同じかむしろ少ないくらい、でした。ちょっと中途半端で、価格も[すごく安い!]というわけでもなく、今はオープンセールもあり集客も多いようですが、これまたいつまで続くか、という不安が見えますね。
金沢は10年くらい前からドンドン、ショッピングセンターが郊外に開店ラッシュで、人口は増えないのにどうか?と思ってましたが(まだ予定がある)、まぁどれもそこそこ集客はあり採算には乗ってるようです。ただ先月末、ダイエー破綻で市内中心部の金沢店が閉店しました。中途半端な規模のショップも次第に整理・淘汰され、郊外の大規模店のみが残っている現状です。自分も前の会社でショップ展開をしていましたから、その傾向は肌身で感じていました。
今はどんなジャンルの商品カテゴリーも、インターネットという新しい販売チャネルができている中で、それらを販売する側は、どういう住み分けとなっていくのか、今後も難しい状況になっていくでしょう。ネット販売にいよいよ取り組むわが身として、身の引き締まる思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

受験票がついに来ました!「金沢検定」

Nec_0003

申し込んで、やおら一ヶ月が経とうとして、ようやく受験票が届きました。
いよいよ来週末です!ドキドキです。試験会場は、金沢大学の総合教育棟。なになに・・自家用車で来るな!? バスなんかだったら混雑して乗れなかったらどうするんだ!試験日前の下見も許さないって、学生のときの試験と、なんだか扱いが全然違うぞ?
当日天気がよかったら、自転車で行くか?まあ坂を上って着くころには、脳が酸素を使い果たしているかも知れないからそれはやめよう。
兎にも角にも、もうあまり日がないのに公私に時間を取られ、勉強する余裕もない。この間地元情報誌に、予想出題集が載っていて、変な問題があった。[白鳥路の3文豪像、泉鏡花像は、何を手にしているか?]そんな枝葉末節なことが問題なら、いまさら何を勉強しても意味がないくらいだ!だいたいそんなことは、金沢を知る上で(人に紹介する上で)なにも貴重なことではないじゃないか!!
まあそんなくだらない問題はないと信じて、いざ遅刻しないように充分前準備して臨みたいとは思いますが、はてさて・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

忽然と姿を現したSC

Nec_0002

携帯のキャリーやIJプリントペーパーを買いに、近所の新しい「ヤマダ電機」に行ってきました。きのうのラジオの天気予報は、今日「文化の日」は晴れの特異日だって言っていたのに、土砂降りです!!週末は10月から天気全滅で雨模様、新しい自転車もここのところ乗る機会がありません。「ヤマダ電機」も自転車で行ってやろうと思っていたのに、残念でした。
金沢は今、中心部の渋滞を改善するため、市内を一周する外環状線というバイパスを工事中です。その山側の一角に、かつて田畑だけだったろう、というところに、一大ショッピングセンターができつつあります。「ヤマダ電機」と「Valor」という食品スーパーが先行オープンし、「洋服の青山」や書店、その他もろもろができるようです。外環状線のそこの部分はまだまだ供用できる状態でなく、寺町台地から自衛隊の脇を抜け降りる道から、新しくできた道を右に向かうとあるのですが、道幅を拡大したわけでもなく、信号もなく大渋滞になっていました。僕は逆の城南から架け替えの終わった大桑橋を渡ってきたので渋滞はありませんでしたが、今後道路事情の悪化は避けられませんね!なぜそのへんをクリアする前に、忽然と奥地に大ショッピングセンターなんか作ったんでしょうか?
わりと家に近いのですが、奥地なのでここ数年あのへんは寄ってなかったので、とてもショッピングセンターがあるなど信じられませんでした。「ヤマダ電機」は県庁に近い金沢本店より、1.5倍ほどの広さで、確かになんでも揃ってましたが(ブランド品コーナーもあるけど・・)、オープン騒ぎが終わったあと、どれだけ近隣以外の遠方の集客を得られるのか心配してしまうほどですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

機種変とIC技術

携帯をいよいよ機種変しました。携帯使い出したのはわりと遅く、5年ほど前ですが、そのときからDoCoMoのNECシリーズ、という路線は変えてません。今回はN505iから、N901is。4代目ですかね。気になるのは、契約したDoCoMoショップが次回にはいつもなくなっているという点です。今日は近所のジャスコ店内のドコモショップ。来年まであるといいんですけど・・。
FOMAは初めてなのですが、これでおさいふ携帯とかできるんですよね。IC技術はすごい進歩ですね。昨日の「プロジェクトX」ではJR東日本の「Suica」の執念の成功を放映してましたが、あっという間に普及した最先端技術導入の努力は素晴らしいものです!見習いたいですね。しかし僕のように頻繁に東京へ行かなければ、この地方にいて「Suica」って何?ってもんですよ。僕も東京でのJRは[首都圏往復フリーきっぷ]で乗り放題ですから、「Suica」買う必要ないですから~、残念!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »