« EOS 5D 発売! | トップページ | 行ってきましたよ、前田土佐守家 »

2005年10月10日 (月)

犀川も洪水の危険?

Img_1342s

今日ちょっとしたシンポジウムがありました。といっても時間がないので行かなかったのですが、自宅にチラシが配られていました。河川工学の第一人者を呼んでの水害対策のシンポを近所で行うとのこと。
去年台風などで、隣の福井や新潟で河川氾濫による洪水がたびたび起こりましたよね。たまたま金沢に大雨がなかったからいいようなもので、自宅の目の前の犀川も、いつ洪水がおきるかわかりません。今年6月に、県が洪水想定区域を図にしたのですが、モロ自宅が引っかかっています。下流域はもっとひどいんですけど、当然県は、適切な対処を今後するんだろうなぁと思ったのですが、配られたチラシを見ると、・・・おやおや?なんだかモメてるぞ?
水害のないまちづくりのための住民の会が、県と交渉している内容がチラシにあり、ちょっと様子がおかしそうです。普通河川の洪水対策として考えられるのは、堤防強化・河底掘削・流域拡幅、あたりと思いますが、県の思いはそうでもないらしい。近所に鞍月用水の取水堰がありますが、それを撤去するとか、ダム造成とか・・・。
それに会の元締?の作るHPをみると、県の河川行政にまつわる数々の謎が!!去年出された河川カルテに数字の捏造?右岸の堤防がなぜ1mも低いのか?越流を前提にした雪見橋建設の謎?
とか、ちょっとミステリーめいてますが、でもどうやらほんとのようです。なにせ目の前の現状が見た目にその通りではありますから。
洪水になるような雨が降らないのが一番ですが、ちょっと気になりますね。
今後、つかず離れずで、チェックしてみます。

|

« EOS 5D 発売! | トップページ | 行ってきましたよ、前田土佐守家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/53223

この記事へのトラックバック一覧です: 犀川も洪水の危険?:

« EOS 5D 発売! | トップページ | 行ってきましたよ、前田土佐守家 »