« 「プライド」 | トップページ | ゆうきまさみ について »

2005年9月29日 (木)

阪神優勝! したが

今年のセリーグは見事に阪神タイガースが圧勝しましたね。アンチジャイアンツにとっては大変うれしいことですが、近鉄のないプロ野球なんて・・・ってとこです。
セリーグの今年は、早々とジャイアンツが脱落し、阪神・中日が好きなほうの自分には、安心していられましたので、却って注目していなかったのも事実です。しかし未だに「巨人」が強くなければ野球界が盛り上がらない、式の論調には辟易します。そういった幻想から皆はやく脱却してもらって、大リーグのようにいかに球場に来てもらう観客に楽しんでもらうか、を全体で真剣に取り組んでもらいたいものです。あの「楽天」はあんなに負けたのに、球場に観客を呼び、グッズも売り初年度黒字だそうです。阪神も弱いときでもファンは常についていました。
ただ、今年の阪神の強さは、皆が認めるほど本物で、優勝の瞬間も涙の大感動というより、球場全体が何かの予定調和の元で静かに盛り上がっていた、という感じがBS1を見ていて思いました。2年前のときより、総合的に強くなったという自信が、ファンをもそうさせるのかもしれません。今後常勝チームとなれるのでしょうか。
ところでこの阪神、2リーグ分裂後今回が、わずかに5回目の優勝とは!あまりに少なすぎますね。
パリーグはまだ優勝が決まっていないので、全体のコメントは後にします。しかし借金の西武が優勝することだけは皆さん納得できないでしょう。かつて前期後期制をやめた後2年くらい実施していた制度、つまり1位チームと5ゲーム以内の2位ならば、追加5試合の決戦(プレーオフ)でその差逆転できれば優勝、というのなら、今なら納得できるのですが。(その2年とも、西武が5ゲーム以上の差で優勝した。)

|

« 「プライド」 | トップページ | ゆうきまさみ について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/53267

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神優勝! したが:

« 「プライド」 | トップページ | ゆうきまさみ について »