« サイエンス&テクノロジー | トップページ | 「鉄道」DATA FILE »

2005年9月11日 (日)

港の床屋

昨日近所の親戚の床屋さんへ行ってきました。マスターも写真が好きで、店に白山行った時の写真とかいろいろ掛けてあります。週末自転車で外を撮りに行きかったのですが、秋雨前線のため雨通しとなり、床屋といえば・・でマンガの話をします。
長らく講談社「モーニング」に連載していた小池田マヤの「バーバーハーバー」最終7巻が出ました。遠恋の末、とうとう皆人と東子さんゴールインです。大阪千里でヘアーサロンを営む馬場皆人と、彼のほのぼの~とした[メルへん]に惹かれた製薬会社勤務の鹿崎東子と、彼らの周りのなにかとくせのある友人・家族たちが織り成すほのぼのストーリー。変則4コマで、最初は少し読みにくかったけど、慣れるとテンポよく話も読み進み、なぜいままでこんなコマ構成がなかったんだろう、と思うくらいです。作者が理容界に取材し床屋さんの詳しい内情もふんだんに出てきます。(美容師がカミソリ持っちゃいけないって初めて知った!)全国理容生活衛生同業組合連合会(長い!)から「理容チョキちゃん大賞」を受賞したり、業界では結構人気!!
千里で遠恋ってところが一時期自分とダブッたりして、思い出に残る作品となりました。マンガは無事ゴールインしましたが・・。なにはともあれ完結してよかったです。これでモーニングは買うほどのことはなくなってしまいました。ちなみに10年後の続編が、講談社のe-mangaに掲載中です。

バーバーハーバー 7 (7) Book バーバーハーバー 7 (7)

著者:小池田 マヤ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« サイエンス&テクノロジー | トップページ | 「鉄道」DATA FILE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/55493

この記事へのトラックバック一覧です: 港の床屋:

« サイエンス&テクノロジー | トップページ | 「鉄道」DATA FILE »