« 宝塚 手塚治虫記念館 | トップページ | あしゅらおう・・ »

2005年8月16日 (火)

特急銀座 北陸本線①

Img_9780s

盆休みの最後、知人が写真展に入選したので「ミュゼふくおかカメラ館」へ行く。ネイチャーフォトで有名な「岩合光昭」氏の選によるものだ。自分は自然はまだまだ本格的に撮れてないが、刺激になった。EOS 20Dを手にしてからネイチャーはまだそんなに写してないので頑張ろう。
道すがら久しぶりに「鉄チャン」になって列車の写真を撮りまくった。しかし暑いので、横着こいて駅で一斉流し撮りとなった。写真は「ウェブアルバム」にピックアップして載せているので参照してください。最初は「津幡駅」で13時台、次は「松任駅」で15時台。金沢駅は高架建造物となったので全く撮影に向かない。地方ではかつて急行がしっかり止まる中核駅がいくつかあり、ホームも島式3~4線、待避線もあり、反対側ホームから本線上を行く特急を狙うと、よい角度で架線柱も避けられ絶好の流し撮りの練習台になる。またこの時間帯は案外に、次から次と上下線から特急が通過していく。とくに津幡駅では和倉方面へ別れる列車のポイント渡りや停車もあり、よい穴場では?しかし「サンダーバード」などの全編成を見たかったら、金沢以南でなければならず、やむなく松任へ行った。いまは夏休みの多客期のため、最大増結12両であった。681系では増結ユニットの3両は反対側も非貫通で、最大9両編成までだったが、683系は反対側も貫通タイプの3両ユニットなので、しようと思えばどんどん伸ばせることとなった。そのかわり、あのかっこ悪い貫通先頭車をよく見かけることとなり、誠に残念である。(サンダーバードの富山側はつねに!だ。ただし681系の3両ユニットを再増結側につけることもある)写真は松任駅での精悍な683系非貫通先頭車のサンダーバード。

|

« 宝塚 手塚治虫記念館 | トップページ | あしゅらおう・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4808/55808

この記事へのトラックバック一覧です: 特急銀座 北陸本線①:

« 宝塚 手塚治虫記念館 | トップページ | あしゅらおう・・ »